ビジネス

「ディオール」がモードでダークなハロウィンメイクを紹介 ベラ・ハディッド起用のムービーも公開

 「ディオール(DIOR)」は、ピーター・フィリップス(Peter Philips)=メイクアップクリエイティブ&イメージ・ディレクターが手掛け、ベラ・ハディッド(Bella Hadid)がモデルを務めたハロウィンルックを公開した。ブラック、ホワイト、レッドの3色をメーンに据えたハロウィンメイクはダーク&モードなムード。夢幻的な世界へと迷い込む、ベラを起用した動画も公式SNSなどで公開中だ。

 特徴は、ブランドを象徴するリップスティック「ルージュ ディオール #999」や人気のファンデーション「ディオールスキン フォーエヴァーアンダーカバー」、アイライナー「ディオールショウ オンステージ ライナー」など、定番アイテム7つで作り上げられること。鮮やかで上品な発色が、ダーク&モードな印象を与える。

 日常遣いもできるモードなルック“THE STAIRS”は、「ディオールスキン フォーエヴァーアンダーカバー」(5500円)で仕上げたベルベットのような肌に、ブランドを象徴するリップスティック「ルージュ ディオール #999」(4200円)で彩っている。漆黒のアイライナー「ディオールショウ オンステージ ライナー091」(3600円)で描いたシャープなアイラインもポイントだ。

 「ルージュ ディオール #999」のリップとアイホールのレッドが印象的な“THE MIRRORS”は、赤色をメーンに仕上げたミステリアスなメイクアップ。頬は「ディオールスキン ルージュ ブラッシュ 999」(5700円)で仕上げている。舞踏会の仮面を思わせる幾何学的なデザインを施したパーティーメイク“THE DREAM”は、「ディオールショウ オンステージ ライナー」の001と091でラインを描き、ホワイトカラーをあしらっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら