ファッション

「ディオール」2019年春夏はメイクも踊る 目元を強調したコレクションメイクアップ

 「ディオール(DIOR)」が24日、パリで発表した2019年春夏コレクションはダンスをテーマにイスラエル出身のダンサーで振付師のシャロン・エアル(Sharon Eyal)率いるダンスカンパニーL-E-Vとコラボが話題となった。同カンパニーのエネルギッシュなダンスは、メイクアップにもインスピレーションを与えている。

 メイクアップを担当したピーター・フィリップス(Peter Philips)=メイクアップクリエイティブ&イメージ・ディレクターは「美しいクリエイションとダンスに合わせて、 目元を強調したピュアでナチュラルなルックを作った。 モデルの何人かには、シャロン自身の特徴的なアイメイクからインスピレーションを受けたユニークなあしらいを目元にプラスした」と語る。シャロンの目元を強調する太いアイラインからイメージし、目尻とこめかみに太く、インパクトのある絵柄を描いた。「卍」のようでもあり、コンテンポラリーアートのようでもある絵柄はダンスの躍動感を表している。

 また、他のモデルもアイメイクがポイントとなっている。黒のペンシルアイライナーで下まぶたのインサイドラインを入れ、目元を強調。上まぶたや涙袋には生命感を感じさせるために、所々にアイラインを入れてぼかした。

 目元と対照的に、肌はピュアでシンプルに仕上げた。ベース、リキッドファンデーションを使用し、最後に「ディオールスキン フォーエヴァー コントロール ルース パウダー」でマットに仕上げる。リップには色づきの薄いグロス「ディオール アディクト リップ マキシマイザー」で艶を与えるだけ。カラーアイテムを使用することなく、ナチュラルでありながら力強いメイクアップとなった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら