ビジネス

東レが150億円を投じ、インドに本格進出 東京ドーム7.6個分の敷地でオムツ用繊維を生産

 東レは150億円を投じ、インド南東部のアンドラ・プラデーシュ州に35万平方メートルの敷地を取得した。敷地の広さは東京ドーム7.6個分に相当し、第一弾としてオムツ用のポリプロピレン不織布の製造設備を設置。2020年から約1万8000tを生産する。大矢光雄・専務取締役繊維事業本部長は「インドは、オムツ用の繊維の需要が年率16%で拡大しており、16年の2万tから生産を開始する20年には4万tに拡大する見通しだ。現在アジアナンバーワンのポジションをさらに確固たるものにする」と語った。

 東レは25カ国に156拠点を構え、繊維事業だけでも13カ国に進出しており、インドではすでにエアバッグ用のテキスタイルを生産している。インドに巨大な生産拠点を構えた背景を、出口雄吉・専務取締役経営企画室長は「今後インドは高成長を期待できるため、本格進出のためあえて先行して巨大な生産拠点を構えることで、経営管理やインフラ整備、物流整備などのノウハウの蓄積を期待できる」という。オムツ用のポリプロピレン不織布生産では2万平方メートル程度の敷地しか使わないが、今後は樹脂の生産にも活用していく。東レは1990年代に中国に本格的に進出する際にも100万平方メートルの敷地を確保し、繊維や化学品などの事業を展開していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら