フォーカス

ユニクロ柳井社長と東レ日覚社長がNYで服の未来を世界に発信

 ユニクロと東レは10月24日(現地時間)、初の合同展示会をニューヨークで行った。両社のパートナーシップのもとに生まれ、年間1億枚以上を売る大ヒット商品になったヒートテックの15周年に際して、技術力を披露し、さらなるブランディングとマーケティングにつなげる。展示会に先駆けた柳井正ユニクロ会長兼社長と日覚昭廣・東レ社長の会見には、17カ国から約100メディア(米国50と海外50)が来場。これまでファッションメディアには知られてこなかった東レの技術開発力が明かされブランディングに寄与したのに加え、それらをベースに商品を作り進化させてきたユニクロの商品力と信頼性を高める好機会になった。

 柳井社長は、「共通目標のもと、ワンカンパニーのように、あらゆる情報を共有して、新たな素材の開発から、生産、物流、マーケティング、改善・改良という、素材からお客さまからの声(の共有や反映)までのプロセスを一体化している。代表的商材のヒートテックをヒット商品に成長させてきた。成長は、東レとのゆるぎないパートナーシップによるものだ」と説明。さらに、「私たちが見ているのは、過去でなく未来だ。ソーラーパワーを活用して蓄電可能な服、よりなめらかなナノファイバーの服、その他にも斬新なアイデアがたくさんある。それを可能にする技術がわれわれにはある。服の未来を創造するのが楽しくて仕方ない。服を変え、常識を変え、世界を変えていく。これがわれわれの会社のステートメントだ。ぜひこの世界で類を見ないユニークな取り組みと、服に対する本当に真摯な思いを世界中の人々に伝えたいと思った」と開催理由を述べた。

 また、「ユニクロの服は、国籍、年齢、性別、職業を超えた、あらゆる人々のための服、『メード・フォー・オール』を掲げた全く新しい服だ。自分のライフスタイルを作る高品質の道具、こういった服たちをわれわれは"LifeWear(ライフウエア)"と呼んでいる。高品質で快適なライフウエアを大量に圧倒的なスピードで世界中に提供する。世界中の誰もがどこでも買えるプライスで提供する。これが使命だ」としたうえで、「そのためには、素材開発から販売まで全てのプロセスを作り替え、実行する技術力が必要になる。それを可能にしたのが、東レとのワンカンパニーだ。ユニクロの服は、いわゆるファスト・ファッションではない。何シーズンも着られる、長持ちする服だ。使い捨ての服は作らない。ワンカンパニーの取り組みによって、異なる背景を持つ両社の出合いから、数多くのイノベーションが実現できた。お互いの知見を即座に活用して、その場で問題解決する。商品の作りすぎといった失敗は大幅に減り、資源の無駄を減らしてきた。オーセンティックな、誰にとっても良い服を作り続けてきた。『シンプル・メード・ベター』を合言葉にシーズンごと改善を繰り返してきた。単純なものほど、完成度の高い商品を作るのは難しい。これを途切れることなく続け、新たなイノベーションを生むために挑戦している」と訴える。