ファッション

名物編集者アンナ・デッロ・ルッソが自身のワードローブを「ネッタポルテ」で販売

 アンナ・デッロ・ルッソ(Anna Dello Russo)「ヴォーグ ジャパン(VOGUE JAPAN)」クリエイティブ・ディレクター・アット・ラージがECサイト「ネッタポルテ(NET-A-PORTER)」で、自身のワードローブを2月25日から販売する。販売するのは「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「グッチ(GUCCI)」「プラダ(PRADA)」「セリーヌ(CELINE)」など、ルッソらしい奇抜で華やかなアイテム計150点。価格帯は、15ポンド(約2200円)のアクセサリーから700ポンド(約10万円)のアウターまでで、「ネッタポルテ」がインスタグラムのストーリー機能で配信するリンクから購入可能だ。売り上げは全額英国ファッション協議会(BFC)の教育基金に寄付される。

 ルッソは、「私の洋服が次の世代に引き継がれ、また息を吹き返すことを願っている。これはすべて新世代のためのプロジェクトで、私にとっても重要。あなたたちのためのプロジェクトよ」と語る。なお、「ネッタポルテ」ではルッソによる初の書籍、「AdR Book: Beyond Fashion」も販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら