ファッション

EC大手「ネッタポルテ」が野生動物保護への寄付を目的としたカプセルコレクションを発売 全15ブランドが参加

 ECサイト「ネッタポルテ(NET-A-PORTER)」は8月17日に、機能性やサステナビリティをテーマに製作したカプセルコレクションを発売した。同コレクションによる売り上げ利益は、国際保全チャリティー団体「スペース・フォー・ジャイアンツ」に全額寄付され、アフリカゾウなどの野生動物や自然生息地の保護に役立てられるという。

 カプセルコレクションには全15ブランドが参加。「バーバリー(BURBERRY)」「3.1 フィリップ リム(3.1 PHILLIP LIM)」「ブルネロ クチネリ(BRUNELLO CUCINELLI)」、ビューティブランド「シャンテカイユ(CHANTECAILLE)」、ジュエリーブランドの「オレ・リンガード・コペンハーゲン(OLE LYNGGAARD COPENHAGEN)」など。アフリカゾウをモチーフにデザインしたTシャツやジュエリーをはじめ、オーガニックコットンを使用したキャンバススニーカー、リネンを使用したハットやワイドパンツ、コスメなど、さまざまなジャンルのアイテムをそろえた。

 「ネッタポルテ」のエリザベス・フォン・デア・ゴルツ(Elizabeth von der Goltz)=グローバル・バイイング・ディレクターは、「今回の限定カプセルコレクションに際して『スペース・フォー・ジャイアンツ』と手を組み、カプセルコレクションの売り上げ利益を全額寄付することで、アフリカの野生動物や景観を守るための活動へ役立てられることを光栄に思う」と語る。

 「スペース・フォー・ジャイアンツ」のマックス・グラハム(Max Graham)創業者兼CEOは、「ゾウや自然生息地の保護の最前線は危機に瀕している。『ネッタポルテ』との今回の取り組みは、われわれの活動や世界に残存するゾウにとってのライフラインとなる」という。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら