ファッション

「ユークシジェンアワード」受賞、マリッサ・ペッテルーティが手がけるエココンシャスなコレクション

 ユークス ネッタポルテ グループ(YOOX NET-A-PORTER GROUP)は、「2018ユークシジェンアワード(2018 YOOXYGEN AWARD)」で優勝したマリッサ・ペッテルーティ(Marissa Petteruti)のデザイナーデビューを飾るカプセルコレクション「アメンドメント・バイ・ユークス(AMENDMENT X YOOX)」を、5月16日に公式オンラインストアで発売する。

 同アワードは、「ユークス」と米・ニューヨークのパーソンズ美術大学が2017年に締結したサステイナブルファッションを促進するパートナーシップをもとに始まった。同アワードに選出された卒業生はサステイナビリティーをテーマにしたカプセルコレクションを製作する。

 ペッテルーティが手掛ける同カプセルコレクションは、“ユニフォーム・ドレッシング”をコンセプトに、よりコンパクトなワードローブ作りを可能にする全11型をそろえる。ファスナー使いでジャケットになるジーンズや、パンツに変形するクルーネックのスエットシャツなど、1つのアイテムで複数の用途を実現する。衣類は認証済みの100%オーガニックコットンを使用。デニムは人々の健康や環境に害のある加工技術を使わずに、限定的なウオッシュ加工とレーザー加工の新技術を用いてダメージ加工を実現した。価格帯は、7800~2万7300円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら