ファッション

ネッタポルテが教育基金を設立 メンターシップで学生をサポート

 ネッタポルテ(NET-A-PORTER)は、タレント発掘プログラムの一環として、「ヴァンガード教育基金」を設立した。英国ファッション協議会(British Fashion Council以下、BFC)とのパートナーシップで、文系学士号を専攻とする最終学年の学生を対象に、メンターシップ方式でファッション業界でプロとしてのキャリアのスタートをサポートする。

 メンターは「ケイト(KHAITE)」創業者兼デザイナーのケイト・ホルスタイン(Cate Holstein)と、デザイナーのコナー・アイヴス(Conner Ives)、クリストファー・ジョン・ロジャース(Christopher John Rogers)、英「ヴォーグ(VOGUE)」ファッションディレクターのジュリア・サー・ジャモア(Julia Sarr-Jamois)、インスタグラム ファッション パートナーシップ・ディレクターのエヴァ・チェン(Eva Chen)、実業家でミュージシャン、女優でもあるジェシカ・チョン(Jessica Jung)、ネッタポルテのコンテンツ・ディレクター、アリス・ケイスリー・ヘイフォード(Alice Casely-Hayford)、同シニア・マーケット・エディターのリビー・ペイジ(Libby Page)が務める。

 イギリス国内のBFCカレッジカウンシルに属した各大学と、選抜された国際教育機関(ニューヨークのパーソンズ美術大学、イタリアのミラノ工科大学、TAFEオーストラリア、FEDISAファッション・スクール・ケープタウン)などの最終学年の学生達が対象で、ファッション、デザイン、陶芸、ファインアート、フォトグラフィー、ジュエリー、などコースを問わず、募集する。

 応募受付締め切りは3月3日で、6月に受賞者を発表。選ばれた4人の受賞者には1万2500ポンド(約195万円)の奨学金が授与され、ファッション業界から2人のリーダーがメンターとなり、最終学年中サポートする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら