ファッション

社会的課題に向き合うデザイナーを育成&支援するプログラム 環境省が後援

 ファッションデザイナーの中里唯馬と、エシカルファッションを発信する一般社団法人ユニステップス(unisteps)は7月5日、未来のデザイナーを育成・支援する「ファッション フロンティア プログラム(FASHION FRONTIER PROGRAM)」を立ち上げた。環境省も後援する珍しいファッションアワードと教育プログラムとなり、第1期生を8月5日まで募集する。
 
 応募対象は年齢や職業を問わず、社会的課題に向き合うファッションデザイナーで、審査ではソーシャルレスポンシビリティ(社会的責任)とクリエイティビティ(創造性)を併せ持つ衣服のデザインを評価する。8月下旬に第一審査で8人を選出し、素材や機材の提供、サポーターやアドバイザーからの学びの機会などのサポートを開始。11月末に作品撮影、最終審査を実施した後、12月に3人の受賞者を発表する。従来のアワードのように賞金などは用意していないが、受賞者は2022年1月から「ファッション フロンティア プログラム」のラボに参加し、育成と上記の素材提供やメンターシップによる支援を中長期的に受けることができる。

 スポンサーはバイオベンチャー企業のスパイバー(SPIBER)をはじめ、下着のワコール、繊維専門商社の豊島、みんな電力、後援に環境省、協力企業にグーグル(Google)、メディアパートナーに「ヴォーグ ジャパン(VOGUE JAPAN)」などが名を連ねる。

 審査員は、発起人の一人である中里唯馬デザイナーのほか、渡辺三津子「ヴォーグ ジャパン」編集長、建築家の妹島和世、国立環境研究所の生物学者である五箇公一、慶應義塾大学の宮田裕章・医学部教授らが務める予定だ。

 中里デザイナーは「気候変動、人種差別、経済格差など、私たちは多くの深刻な社会的課題に直面しています。 そんな中、多くの環境負荷をもたらすとされるファッション業界は今、変革の時を迎えているのではないでしょうか。『ファッション フロンティア プログラム』はそんな状況に立ち向かう、 勇気と志を持った未来のファッションデザイナーを発掘し、称え、そして育む事が、業界だけでなく社会全体が良い方向へ変化していく原動力となると考え、創設いたしました」とコメントする。

  7月21日にはプログラムの立ち上げを記念したトークイベントをYouTube上で配信する。「開拓者精神を持つ未来のファッションデザイナーへ」と題し、小泉進次郎・環境大臣や、渡辺三津子 「ヴォーグ ジャパン」編集長、中里デザイナーの鼎談動画を予定する。

■FASHION FRONTIER PROGRAMのスケジュール
募集期間:7月5日〜8月5日
第一審査通過者へのサポート期間:8月下旬〜11月
作品撮影&最終審査:11月末
受賞者発表:12月中
受賞者のラボへの参加:2022年1月〜
主催:一般社団法人ユニステップス
後援:環境省
「ファッション フロンティア プログラム」実行委員会:ユニステップス、ユイマ ナカザト、スパイバー

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら