ファッション

「ヴォーグ ジャパン」渡辺編集長が年内で退任

 コンデナストの「ヴォーグ ジャパン(VOGUE JAPAN)」渡辺三津子編集長が、年内で退任する。後任は未定。

 現在、コンデナストではグローバルレベルで編集コンテンツの制作体制やワークフローの改革が進行しており、その中で自ら退任を決断したという。

 渡辺編集長は、東京女子大学卒業後、資生堂の企業文化誌「花椿」編集部に所属。その後、1996年にファッション誌「フィガロ・ジャポン」編集部、97年「エル・ジャポン」編集部を経て、2001年に「ヴォーグ ニッポン(VOGUE NIPPON)」ファッション・フィーチャー・ディレクターに就任。05年から同誌副編集長を務め、08年に編集長に就任した。就任以降はデジタルの強化を含め、時代に即したメディアの創設に尽力してきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら