ファッション

2023年春夏ミラノコレ 海外有力店バイヤーたちの評価は?

有料会員限定記事

 2023年春夏ミラノ・ファッション・ウイークが9月20~26日に開催された。今季は「ミッソーニ(MISSONI)」「エトロ(ETRO)」「フェラガモ(FERRAGAMO)」「バリー(BALLY)」など、新たなクリエイティブ・ディレクターを迎えたブランドのデビューショーが目白押しだったこともあり、春に向けて新鮮な息吹が感じられた。全体のトレンドとしては、ランジェリー風のディテール、Y2Kファッション、カーゴパンツ、テーラリング、シアー素材の重ね着のほか、フリンジやビーズ、スパンコールなどの飾りをあしらったアイテムが目立った。ここでは、海外有力店のバイヤーたちが感じた23年春夏ミラノ・コレクションのトレンドを紹介する。(この記事はWWDジャパン2022年10月10日号からの抜粋に加筆をしています)


バーグドルフ・グッドマン(BERGDORF GOODMAN)

リンダ・ファーゴ(Linda Fargo)/ファッション部門シニア・バイス・プレジデント

よかったブランド:「プラダ(PRADA)」「グッチ(GUCCI)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」「ジル サンダー(JIL SANDER)」「ヴェルサーチェ(VERSACE)」「クイラ(QUIRA)」

 世の中で“最高のもの”はカテゴライズしにくいものだが、ミラノ・コレクションはまさにそうだった。ユニークで、技巧的で、知性にあふれた素晴らしいコレクションばかりで、シーズンのトレンドはここから生まれると感じた。

 「プラダ」は引き続きアイコニックかつ力強いコレクションで、ショーが終わっても会場を離れがたい気持ちになった。「グッチ」は68組の双子がモデルとして登場するという、これまでにない演出で観客の度肝を抜いた。あらゆる意味で天才的なショーだと思う。「ボッテガ・ヴェネタ」のマチュー・ブレイジー(Matthieu Blazy)=クリエイティブ・ディレクターは、このブランドらしさを自信を持って展開していたのがとても良かった。芸術性とクラフツマンシップが結び付いた、マストハブのアイテムが続々と登場した。「ジル サンダー」はあいにくの雨模様だったものの、ロマンチックで詩的な雰囲気がいっそう盛り上がり、むしろいい結果となったのではないか。

 最近は“肌見せ”などの大胆なドレスが復活しているが、「ヴェルサーチェ」はさすがの貫禄。エッジーで実に格好良かった。若手では、「クイラ」のアバンギャルドでいてさりげないデザインが気に入った。

この続きを読むには…
残り5526⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。