ビューティ
連載 ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望 第90回

ミニサイズ付きのサブスクは定着するのか

有料会員限定記事

 ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週は、化粧品のサブスクリプションの話。(この記事はWWDジャパン2022年10月17日号からの抜粋です)

【賢者が選んだ注目ニュース】
化粧品国内大手が下方修正の中、ロレアルは大幅な増収増益達成
「エスト」がサブスク導入、花王史上最高レベルの肌解析サービスを提供

 国内の化粧品市場はいまだ厳しい状況が続いている。百貨店の売り上げ統計の化粧品カテゴリーでは、8月度は前年同月比17.9%増と伸長しているものの、19年同月比では38.2%減と依然としてコロナ禍前の水準に戻っていない。国内の大手ビューティ企業は苦戦が続き、2022年度の業績を下方修正する中で、ロレアルは右肩上がりで業績を伸ばしている。ロレアルの21年の業績は19年の業績水準以上に回復し、22年の上半期においても原料価格の高騰などの影響を相殺し、増収増益を達成している。

 ロレアルと日本企業の業績格差の一つとして、欧米ではZ世代の構成比が大きいことにあるが、一方の日本はというと、年金受給者が4040万人(19年度末時点)とシニア層にあたる年金世代が国民の3割を占めており、消費意欲も高くはない。

 いま、2人以上の世帯における年間平均化粧品支出金額は全国平均で約3万5000円(20年総務省統計局家計調査)と、前年よりも減少傾向にある。国内の市場調査においても22年上期の価格帯別では、前年と比較すると低価格帯化粧品の増収率が最も高かった。また、粧美堂によると、足元のディスカウントストアや100円均一店向けの化粧品出荷額は、ドラッグストアをはるかに上回る成長率であるという。昨今は身の回りで値上げが相次ぎ、全体的に消費意欲が低迷する中で化粧品類に対する節約意識も高まり、トレードダウンが起きている。

この続きを読むには…
残り1229⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。