ビューティ

「オルビスユー」シリーズ2度目の全面刷新 初年度売上高25億円を目指す

 オルビス(ORBIS)は8月23日、エイジングスキンケア“オルビスユー”シリーズをリニューアル発売する。“肌の基礎体力”に着目し、ブースター洗顔、ローション、ジェルクリームの全3アイテム(全て医薬部外品)をそろえる。同シリーズの初年度の売り上げ目標は25億円。日本を皮切りに、中国、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、米国で順次発売する。

 新“オルビスユー”は、肌が本来持つ細胞の体力の源、ミトコンドリアの再生作用であるマイトファジー研究からヒントを得た独自成分を開発。肌が本来持つ潤いにアプローチし、肌にハリを与える。ブースター洗顔“オルビスユー フォーミングウォッシュ”(120g、税込1980円)は、化粧水の馴染みがよくなる肌へと整えるブースター機能を発揮。毛穴汚れや古い角質をオフし、“うるおい吸着力”の高い肌に導く。

 化粧水“エッセンスローション”(180mL、税込2970円)は、とろみのあるテクスチャーながら肌に触れるとみずみずしく変化する“とろぱしゃ”ローションで、ハリ感のある肌をかなえる。ジェルクリーム“ジェルモイスチャーライザー”(50g、税込3300円)は、肌の潤い保持構造に着目した独自乳化技術を採用し、潤いによるハリ肌が長時間続く。

 なお、8月1日から体験特化型施設「スキンケア ラウンジ バイ オルビス(SKINCARE LOUNGE BY ORBIS)」など一部店舗で先行販売する。

 「オルビスユー」は2014年に誕生し、18年に処方からパッケージまで全てを刷新。発売以来、ベストコスメ81冠(2022年4月22日時点)、1度目のリニューアルからの累計売り上げ個数は1306万個を超える(18年10月1日~22年4月30日)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら