ファッション

顧客入れ替え覚悟!「バリー」が脱皮のとき 「ルード」のルイージ・ビラセノールによる刷新を考察

有料会員限定記事

 171年の歴史を持つスイス発の老舗ブランド「バリー(BALLY)」が新たな時代を迎えようとしている。同ブランドは1月、ロサンゼルスを拠点にするメンズウエアブランド「ルード(RHUDE)」のルイージ・ビラセノール(Rhuigi Villasenor)をクリエイティブ・ディレクターに起用。由緒あるスイスの老舗レザーグッズ、LAのストリートブランドという意外な組み合わせには、驚きの声も多かった。そして、ついに9月24日にミラノ・ファッション・ウイークでの20年ぶりのランウエイショーで、新生「バリー」を披露。フロントローには、アメリカからルカ・サバト(Luka Sabbata)やエミリー・ラタコウスキー(Emily Ratajkowski)らルイージと親しいセレブリティーが大集合し、その晴れ舞台を見守った。

 コレクションの発表に合わせて、ロゴもリニューアル。1930年代にフランスの「バリー」店舗で使用されていた、フランス人建築家のロベール・マレ=ステヴァンス (Robert Mallet-Stevens)によるデザインを復刻した。ミラノにあるショールームも淡いベージュとゴールドのメタルを基調とした空間にビンテージ家具などを飾り、新たな装いに。新たなブランド像を描こうとする意欲が伝わってくる。

「バリー」とは?

 「バリー」は1851年、スイス・シェーネンヴェルトで、サスペンダーなどを生産するリボン工場として創業した。その後、創業者のカール・フランツ・バリー(Carl Franz Bally)がシューズの生産を開始すると、ヨーロッパでビジネスを拡大。1951年にはカールの孫である、マックス・バリー(Max Bally)が代名詞となるメンズのドレスシューズ“スクリーブ(SCRIBE)”を発表。マックスの死後、会社は家族外の起業家にブランドが売却され、競合が増えながらもブランドは生き残ってきた。2018年には、日本のレナウンや、フランスの国民的ブランド「サンドロ(SANDRO)」や「マージュ(MAJE)」も傘下に収めてきた中国最大の繊維メーカーである山東如意がバリー買収の合意に至ったが成立せず、現在はルクセンブルクのJABホールディング(JAB Holding)が親会社になっている。

 従来のデザインは「機能性とモダニティ」をキーワードに実用的なバッグやシューズを中心に、服飾雑貨やウエアを取りそろえてきた。また白と赤、白と黒など2色のストライプがトレードマークで、ビジネスバッグや革小物などに多くあしらわれてきた。顧客はフォーマルすぎず、カジュアルすぎないデザインを好む、30〜50代の男女だ。

この続きを読むには…
残り2141⽂字, 画像27枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。