ファッション

相次ぐデザイナー交代でミラノコレブランドが一気に若返り

有料会員限定記事

 ミラノ・ファッション・ウイーク(以下、ミラノコレ)に参加する老舗ブランドで、デザイナー交代が続いている。その背景にあるのは、同族経営が長く続いていたブランドの売却や経営陣交代に伴う再編、そしてブランドを次の時代へとつないでいくための若返り。すでにクリエイティブ・ディレクターとしての経験がある人材ではなく、自身のブランドで独自のコミュニティーを築いている若手や、これまでラグジュアリーメゾンの中で実力を培ってきたデザイナーが起用されているのが特徴だ。まだあまり多くは知られていないが、これからの活躍に期待がかかる4人の経歴と得意とするスタイルを紹介する。

Marco De Vincenzo/ETRO

 2021年7月にLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON、以下LVMH)系の投資会社、Lキャタルトン(L CATTERTON)に株式の60%を売却した「エトロ(ETRO)」は、同年9月にファブリッツォ・カルディナリ(Fabrizio Cardinali)最高経営責任者(CEO)を迎えた。そしてクリエイションのトップも交代し、22年6月1日付でマルコ・デ・ヴィンチェンツォ(Marco De Vincenzo)がクリエイティブ・ディレクターに就任。これまでウィメンズ、メンズ、ホームをそれぞれ手掛けてきたエトロ家のヴェロニカ(Veronica Etro)、キーン(Kean Etro)、ヤコポ(Jacopo Etro)に代わり、3ラインすべてのコレクションを監修する。初めて手掛けるコレクションは23年春夏ウィメンズとなり、9月のミラノコレでお披露目する予定だ。

この続きを読むには…
残り3758⽂字, 画像38枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら