ファッション

小売業の姿をした金融企業、丸井Gのビジョンに見る未来の商業施設の選択肢【齊藤孝浩のファッション業界のミカタVol.38】

有料会員限定記事

 企業が期ごとに発表する決算書には、その企業を知る上で重要な数字やメッセージが記されている。企業分析を続けるプロは、どこに目を付け、そこから何を読み取るのか。この連載では「ユニクロ対ZARA」「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)の著者でもある齊藤孝浩ディマンドワークス代表が、企業の決算書やリポートなどを読む際にどこに注目し、どう解釈するかを明かしていく。今回は丸井グループの財務諸表から、同社のビジネスモデルの進化を解説する。(この記事は「WWDJAPAN」2022年6月13日号からの抜粋です)

 時代の変化に対応して先を行く商業施設の一例として、今回は丸井グループ(以下、丸井)の動向に注目します。

 もともと丸井は月賦を提供する百貨店で、私と同じか上の世代の人たちは、みんな赤いカードを持っていましたよね。さらにここ何年かで、百貨店型の消化仕入れ型から、テナント誘致型、不動産型にシフトしています。そして今、クレジットカードを核にした金融会社に生まれ変わり、これからはそこで稼いだキャッシュフローを未来型の企業に投資するという、投資会社に生まれ変わろうとしていることが読み取れます。

 まず注目したい数字は総取扱高で、3兆3734億円です。これだけ多くの流通に関与できているのはクレジットカード、エポスカードの利用金額3兆円超があるからです。

この続きを読むには…
残り2515⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら