フォーカス

丸井、証券会社設立の謎 本業は小売りにあらず?

 丸井グループは5月10日、証券会社を設立することを発表した。「つみたてNISA」対象の投資信託を販売し、資産形成になじみが薄い若い世代の潜在需要を掘り起こすという。

 このニュースを聞いて、「小売業の丸井グループがなぜ証券会社?」と意外に感じた人も多いのではないか。丸井グループは新宿、渋谷、有楽町などに店舗を構えてアパレルや雑貨を販売している。証券事業などの金融業とはかけ離れていると思われるかもしれない。

 だが、丸井グループには小売業と別の顔がある。エポスカードを中心にした大手金融業としての顔だ。2018年3月期の連結営業利益352億円のうち金融業で303億円を稼いでいる。かつての丸井グループは金融機能を持った小売業として、カードが小売業を支える存在だった。それが近年はエポスカードの取扱高の急拡大に伴い、成長の主役は小売業から金融業へと交代した。小売機能を持った金融業と言った方が実態に近い。

 丸井グループはどうにも分かりにくい企業である。比較できるような同業他社が存在しないのだ。たとえば三越伊勢丹にとっては同じ百貨店の高島屋や大丸松坂屋が、ルミネにとっては都市型ショッピングセンターのパルコや渋谷109などが同業他社になる。しかし丸井グループはカテゴライズが難しい。金融業の割合が高いことに加え、時代ごとに事業構造が変わるからだ。