ファッション
連載 齊藤孝浩の業界のミカタ

2021年度世界アパレル専門店売上高トップ10から読み取る4つの潮流【齊藤孝浩のファッション業界のミカタVol.37】

有料会員限定記事

 企業が期ごとに発表する決算書には、その企業を知る上で重要な数字やメッセージが記されている。企業分析を続けるプロは、どこに目を付け、そこから何を読み取るのか。この連載では「ユニクロ対ZARA」「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)の著者でもある齊藤孝浩ディマンドワークス代表が、企業の決算書やリポートなどを読む際にどこに注目し、どう解釈するかを明かしていく。今回は、2021年度世界アパレル専門店売上高ランキングから潮流を読み取る。(この記事は「WWDJAPAN」2022年5月16日号からの抜粋です)

 筆者のライフワークの一つとして毎年恒例になっている世界アパレル専門店の売上高ランキングの2021年版を算出しました(下の表参照)。1位から4位までは不動で、5位だったLブランズがバス&ボディーワークス(BATH & BODY WORKS)とヴィクトリアズ シークレット(VICTORIA’S SECRET)の2社に分かれたため、プライマーク(PRIMARK)が浮上しました。でもヴィクトリアズ シークレットは単体でも6位なので、頑張っているなと。バス&ボディーワークスはアパレル企業とは言えないので今回から除外しました。そしてルルレモン(LULULEMON)が初めてランクインし、しまむらは過去最高益でしたが、為替の関係もあり順位を落としました。今回はこのランキングで私が気になったこと4つをお話しします。

1.アメリカの旺盛な景気

 ファーストリテイリングの決算会見でも触れられましたが、全体的にアメリカの好景気に支えられた感があります。H&Mも中国では不買運動で売上高が3割下がっているのに、それ以上にアメリカが増えてるから、全然へっちゃらです。アメリカンイーグル アウトフィッターズ(AMERICAN EAGLE OUTFITTERS)は黒字化し、営業利益率が10%超えでした。ギャップ(GAP)も米国内の「オールドネイビー(OLD NAVY)」がけん引して黒字化です。インディテックス(INDITEX)もスペインに次ぐ売り上げ国はアメリカです。

 日本やヨーロッパはコロナ給付金を企業に出したのに対し、アメリカは個人に定期的に何回も出しました。それで働かない人が増えて、物流などは大変なことになってしまったけれど、消費には確実にお金が回っていて、昨年のアメリカの小売業は未曽有の好景気といわれています。今年3月の利上げまでは株価も総じて高かったですね。アメリカ経済のパワーを感じる期でした。

この続きを読むには…
残り2656⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。