ファッション

世界アパレル専門店売上高トップ10に見るチェーンストアの進化の可能性【齊藤孝浩のファッション業界のミカタVol.25】

有料会員限定記事

 企業が期ごとに発表する決算書には、その企業を知る上で重要な数字やメッセージが記されている。企業分析を続けるプロは、どこに目を付け、そこから何を読み取るのか。この連載では「ユニクロ対ZARA」「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)の著者でもある齊藤孝浩ディマンドワークス代表が、企業の決算書やリポートなどを読む際にどこに注目し、どう解釈するかを明かしていく。今回は世界のアパレルチェーン上位10社の業績の中から注目ポイントを解説する。 (この記事はWWDジャパン2021年5月10日号からの抜粋です)

 毎年恒例ですが、アパレルチェーン世界ランキング上位10社を算出しました。今回はその注目ポイントをお話しします。

 まず、上位6位までは前年と変わらずでした。前年8位だったアメリカのアセナリテール(ASCENA RETAIL)が経営破綻したこともあり、アーバンアウトフィッターズ(URBAN OUTFITTERS)が10位にランクインしました。特筆すべきは、日本のしまむらで、唯一増収増益。9位から7位に上昇しています。

この続きを読むには…
残り3094⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら