ファッション

ついにECと店舗の在庫が統合したインディテックス【齊藤孝浩のファッション業界のミカタVol.24】

有料会員限定記事

 企業が期ごとに発表する決算書には、その企業を知る上で重要な数字やメッセージが記されている。企業分析を続けるプロは、どこに目を付け、そこから何を読み取るのか。この連載では「ユニクロ対ZARA」「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)の著者でもある齊藤孝浩ディマンドワークス代表が、企業の決算書やリポートなどを読む際にどこに注目し、どう解釈するかを明かしていく。今回はコロナ禍での12カ月を終えたインディテックスの決算を解説する。(この記事はWWDジャパン2021年4月12日号からの抜粋です)

 今回は「ザラ(ZARA)」を擁するインディテックス(INDITEX)の2021年1月期決算を読み解いていきます。まず、売上高も粗利もおよそ前期の7割でしたが、販売管理費を抑えて営業利益を出しています。前期のおよそ3割という数字ですが、営業利益率でいえば7.4%。この営業利益率、ファーストリテイリング(FAST RETAILING)の20年8月期とほぼ一緒の数字です。ファーストリテイリングは期の半分はコロナの影響を受けませんでした。その点、今回のインディテックスの決算は20年2月スタートなので、丸一年コロナの影響を受けています。にもかかわらずこの営業利益率は立派だと思いました。

 彼らは期中作り足し型のビジネスモデルなので、もともと在庫調整はすごく上手なのですが、四半期ごとの期末在庫も前年対比で低い水準で着地しています。第4四半期だけ前年同期を上回っている格好になっていますが、それは前年同期に在庫の評価減をしたからです。評価減前と比較すると90.8%なので、年間を通してほぼ9掛けくらいの在庫水準でした。

 その秘訣は仕入れ調整です。2月8日号で損益計算書(PL)と貸借対照表(BS)から仕入れ額を計算する方法を紹介しましたが、通期で前年比75%。特に在庫を第1四半期で89.9%、第2四半期で81.0%に抑えられたのはすごいの一言です。

この続きを読むには…
残り2591⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら