ファッション

ランジェリーセレクトの「イルフェリーノ」がポップアップを開催 リニューアルしたプライベートブランドを販売

 ランジェリーのセレクトショップ「イルフェリーノ(IL FELINO)」が、東京・渋谷で5月19日までポップアップストアを開催中だ。「オパーク(OPAAK)」や「メゾンクローズ(MAISON CLOSE)」など人気のインポートブランドをはじめ、リニューアルしたばかりの プライベートブランド(以下、PB)も販売している。

 新生「イルフェリーノ」のコンセプトは“a pinch of salt(ひとつまみの塩)”。新鮮な野菜や肉に塩を加えることにより素材の旨味が引き出されるように、体の美しさを生かし、「イルフェリーノ」のテイストをまぶすことで、その美しさを際立たせるという思いが込められている。PBのリニューアルにあたり、北菜月「イルフェリーノ」ジェネラルマネージャーは「今の自分が価値を見出せるブランドにしたかった。どんな体形でも年齢でも、それぞれに美しさがあるということをランジェリーを通して伝えたい」と語った。PBは全部で14型。いずれもエッジのきいたカッティングが特徴で、装飾を削ぎ落としたマスキュリンなデザインだ。商品の価格帯は、ブラジャーが税込9500〜1万6500円、ショーツが9900円、ボディースーツが1万1000~1万7600円など。ほかにもトップスやワンピースがある。

 ボディスーツーをファッションに取り入れたり、ワンピースはランジェリーとコーディネートが楽しめるなど服とランジェリーの境界線を超えることに挑戦している。今後はユニセックスアイテムなどを増やす予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら