ファッション

ナオミ・キャンベルに第一子 業界から祝福の声

 スーパーモデルのナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)が18日、自身のインスタグラムで第一子をもうけたと報告した。赤ちゃんの足に手を添えた写真とともに「小さくて美しいこの子が私を母親に選んでくれた。私の人生に、この優しい魂を迎えられて幸せに思う。私の天使。私たちがこれから築く生涯の絆は言葉では言い表せない。最高の愛を見つけた」と投稿した。

 業界からは祝福の声が寄せられている。「ヴェルサーチェ(VERSACE)」のドナテラ・ヴェルサーチェ(Donatella Versace)=クリエイティブ・ディレクターは「ナオミ!今日から私はあなたのシスターから叔母になるのか。私も自分のことのようにうれしい。赤ちゃんに会うのが待ちきれない」とコメント。マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)は、「なんてことだ!ついにこの日が来たのか。信じられない。ナオミを母にもつその子も、ナオミも幸せ者だ。きっと素晴らしい母親になるだろう」と述べた。

 ほかにも、「バーバリー(BURBERRY)」のリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)=チーフ・クリエイティブ・オフィサーやダイアン・フォン・ファステンバーグ(Diane Von Furstenberg)創業デザイナー、英「ヴォーグ(VOGUE)」のエドワード・エニンフル(Edward Enninful)編集長らが出産を祝うメッセージを贈った。

 ナオミ・キャンベルは22日、51歳の誕生日を迎える。過去には母親になることについて「イブニング スタンダード(Evening Standard)」でのインタビューで、「子どもを持つことについてはいつも考えている。今は科学も発展しているので、自分のタイミングで向き合いたい」と語っていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら