ビューティ

ロート製薬がトルコの歴史的なコスメブランドを日本初展開

 ロート製薬はトルコのコスメブランド「アトリエ・レブル(ATELIER REBUL)」を日本で初めて展開する。まずは6月10日に、アルコール入りのハンドフレグランスローション“トラディショナル ターキッシュコロンヤ”(全6種、各50mL、各税込2420円)をアマゾンやロハコなどで販売する。なお、5月19〜25日には阪急うめだ本店、 6月16〜22 日には伊勢丹新宿本店でポップアップショップを開設する。

 「アトリエ・レブル」はオスマントルコ帝国時代末期に、イスタンブールの小さな調剤薬局からスタート。現在はフレグランスやボディーケアアイテム、スキンケアなどをそろえる。日本に上陸する第1弾製品のフレグランスローションは植物由来アルコールを80%配合し、手肌を清浄しながら潤いを与える。同時に香りも楽しめるアイテムにもなっており、トルコ産の稀少なダマスクローズを用いた“ターキッシュローズ”や洋梨とピオニーの甘くジューシーな香りが広がる“ペア&ピオニー”、シトラスと紅茶を合わせた“シトラスティー”をはじめ、6種のフレグランスをラインアップ。

 ロート製薬はこれまで、心と体のウエルビーイングに貢献することを目指し医薬品や化粧品、食品などあらゆる商品を手掛けてきた。最近は香りを通じたライフスタイルの豊かさを提案しており、2019年には香りと感性を研究するプロジェクト「ベレアラボ(BELAIR LAB)」を発足。同じく「アトリエ・レブル」は厳選された素材でスキンケアやフレグランス製品などを125年以上製造し、香りを通して人々の豊かな暮らしに貢献していることから取り扱いを決めた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら