ビューティ

タイ発スパブランド「パンピューリ」日本再上陸

 タイ発スパブランド「パンピューリ(PANPURI)」が日本に再上陸した。強みであるボディーケアアイテムに加え、スキンケアカテゴリーも強化。自然由来成分にこだわるクリーンビューティブランドとして訴求する。公式オンラインと伊勢丹新宿本店ビューティーアポセカリーで販売中だ。

 同ブランドは2003年に誕生し、スパ製品を中心に世界各国に展開してきた。日本は20年5月にコロナ禍による影響でジャパン社を精算したが「18年以上続くラグジュアリーなクリーンビューティブランド、アジア発のブランド、スパとプロダクトを展開するブランドの魅力を絶やしたくない」と長年ビューテイ業界に携わる川島一雄氏が20年7月に輸入代理店ルクステカを設立して独占輸入販売権を取得した。

 これを機に、タイでも人気のスキンケアを拡充し、スキンケアブランドとしての認知度を高める。18年にはブライトニング、19年にエイジングケアコレクションを販売。4月下旬にはタイ東北地方で発見されたもち米や苔などを原料にした保湿力を高める“NRライスモスヒアクエンチコレクション”を発売した。8つのサイズのヒアルロン酸と組み合わせることで最大で120時間の水分保持をかなえた。洗顔料や化粧水など6アイテムをそろえる。価格は税込2750〜7150円。

 今後は直営店出店を進め、近い将来にスパ併設の旗艦店をオープンする予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。