ビューティ

中国コスメ「花西子」が日本上陸 アマゾンで販売を開始

 中国製コスメブランド「花西子(FLORASIS)」が日本に初上陸した。アマゾン(AMAZON)で販売を開始し、順次製品展開を拡大する。

 同ブランドは、中国・杭州で2015年に創業の杭州宜格化粧品が17年にスタートしたコスメブランドだ。20年に行われた中国の巨大セール「618」では、コスメ部門で売り上げ1位のブランドになるなど中国本土でも人気が高い。日本でも中華風の繊細なデザインを施したアイシャドウやリップスティックなどがSNSを中心に話題となり、満を持しての上陸となる。

 アマゾンでは中国本土で人気の高い6製品を販売する。“玉女桃花エアフェイスパウダー”(3791円)は中国で月間売り上げ40万個以上を誇る人気製品だ。そのほか、“玉女桃花絹糸プレストフェイスパウダー”(4554円)、“螺黛生花何首鳥極細アイブローペンシル”(2010円) 、“百花彫刻リップ”(3282円)、“百花同心錠リップ”(5572円)、“双花彫刻ハイライト”(4300円)をそろえる。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら