ビューティ

「ディプティック」から60周年を記念したフレグランス パリの伝説のナイトクラブをイメージ

 「ディプティック(DIPTYQUE)」は創業60周年を記念したフレグランス“オルフェオン(Orpheon)”(75mL、税込2万3100円)を発売した。創業者のデスモンド・ノックス・リット(Desmond Knox-Leet)、イヴ・クエロン(Yves Coueslant)、クリスチャンヌ・ゴトロ(Christiane Gautrot) の3人が通っていたナイトクラブ「オルフェオン」にオマージュを捧げた香りだ。

 オルフェオンはかつてパリで夜8時から朝8時までひっそりと営業していたナイトクラブ。音楽やダンス、ショーが楽しめ、ダンスホールとカクテルバーを併設し、学生や画家、俳優、作家などさまざまな人が集う場所だった。また「ディプティック」1号店に隣接していたため、デスモンドとイヴ、クリスチャンヌは頻繁に通い、彼らにとってサロンであり、夜の隠れ家であり、オフィスでもあった。華やかな時代を過ごしたナイトクラブだったが、その成功は続かず閉店することに。その際、3人はオルフェオンを買い取って隣の「ディプティック」のブティックを増床。そのため、閉店後もブランドにとってゆかりのある場所でもあった。

 創業60周年を記念して誕生した新作のフレグランスは、そんなオルフェオンをイメージ。オリヴィエ・ペシュー(Olivier Pescheux)が調香した。店内を飾ったコーヒーテーブルやカウンターの飾り棚、ダンスフロアの木張りの床はシダーやベチバー、パチュリで表現。イギリスのスピリッツをほうふつとさせるジュニパーベリーのシャープな香りを漂わせ、さらにイタリア産のレモンスライスとグリーンマンダリンもイメージした。さらにナイトクラブに集う女性のパウダリーな香りはコモロ諸島のイランイラン、中国のマグノリア、トルコのダマスクローズで表現した。そこに店内に充満したタバコのムスキーでスモーキーなアクセントを加えた。完成したフレグランスはフレッシュでフローラル、官能的でウッディなジェンダーレスな香りだ。

 パッケージは創業者3人のシルエットを重ねたデザインだ。パリ在住のイタリア人造形アーティスト、 ジャンパオロ・パニ(Gianpaolo Pagni)が手がけた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら