ファッション

「ヴァレンティノ」が2020-21年秋冬広告をチャリティープロジェクトに 約1億円をローマの病院に寄付

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は2020-21年秋冬ウィメンズ、メンズコレクションの広告キャンペーンをチャリティープロジェクトとすることを発表した。プロジェクトを通して100万ユーロ(約1億1700万円)を、イタリアの新型コロナウイルス感染症指定病院であるローマのラッツァロ・スパランツァーニ病院に寄付する。

 今回の広告キャンペーン「#ValentinoEmpathy」は、ソーシャル・ディスタンスが叫ばれる中で「ヴァレンティノ」の価値を保ち続けるため、クリエイティブ・ディレクターのピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)が“共感”をテーマに発案した。ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)をはじめ、南スーダン出身の若手モデル、アドゥ・アケチ(Adut Akech)やハディッド姉妹の弟、アンワル・ハディッド(Anwar Hadid)、米女優のグウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)ら20人以上のアーティストやモデルが無償で参加する。大勢のスタッフが集まって撮影するのが困難な状況のため、それぞれが暮らしている場所で20-21年秋冬コレクションのルックを着用し、困難な時期を共有する相手が“フォトグラファー”となってポートレートを撮影するという。撮影は今後実施される予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら