ファッション

「バリー」新クリエイティブ・ディレクターに「ルード」創設者のルイージ・ビラセノール

 スイス発のラグジュアリーブランド「バリー(BALLY)」は、「ルード(RHUDE)」を手掛けるルイージ・ビラセノール(Rhuigi Villasenor)を新たなクリエイティブ・ディレクターに任命した。ブランド全体のアーティスティック・ディレクションを統括し、2023年春夏シーズンにファーストコレクションを発表する。

 ビラセノールはフィリピン・マニラ出身。香港やサウジアラビア、タイでの生活を経て、9歳でアメリカに移住する。ロサンゼルスでファッションのキャリアをスタートさせ、2013年にストリートブランド「ルード」を設立。アメカジやロック、グランジなどのカルチャーに自身のルーツを織り交ぜたストリートウエアを提案する。エイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)やジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)らセレブリティーも顧客に持つ。

 就任に際しビラセノールは、「『バリー』は私の家族でも世代を超えて身につけてきたブランドで、非常に思い入れがある。クリエイティブ・ディレクターに任命されたことを誇りに思う。ニコラ(ニコラ・ジロット(Nicolas Girotto)最高経営責任者(CEO))とは共通のビジョンでつながっている。創立171年の伝統を尊重しつつ、ブランドを活性化、そして現在化させ、より多くの人とストーリーを共有できることを楽しみにしている」とコメントする。

 ニコラCEOは「ルイージは創造性とエネルギッシュな精神を持つ。ブランド変革のタイミングに最適なパートナーを見つけた。彼の、『バリー』の歴史とスイスのライフスタイルに対する深い理解も、ブランドを導く上で重要な役割を果たすだろう」と語る。バリー取締役会長のマニュエル・マルティネス(Manuel MatineZ)は、「素晴らしい逸材を迎えることができ、うれしく思う。彼はブランドに相乗的な想像力をもたらし、明確に導いてくれるだろう」と話す。

 「バリー」は1851年に、スイス人のカール・フランツ・バリー(Carl Franz Bally)が設立した。シューズメーカーとして始まり、現在はアクセサリーとプレタプルテも提案する。世界60カ国、320以上の直営店を持つ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら