ファッション

新生「ミッソーニ」は、ボディコンシルエットで若々しくセクシーに大転換 限定的なスタイル提案が課題

有料会員限定記事

 2022年3月に就任したフィリッポ・グラツィオーリ(Filippo Grazioli)=クリエイティブ・ディレクターの手掛ける新生「ミッソーニ(MISSONI)」は、23 年春夏ミラノ・ファッション・ウイークでランウエイデビューを果たした。フィリッポはクリエイティブ・ディレクターの経験はないものの、「メゾン マルタン マルジェラ(Maison Martin Margiela、現メゾン マルジェラ)や「エルメス(HERMES)」でキャリアを積み、リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)の手掛ける「ジバンシィ(GIVENCHY)」と「バーバリー(BURBERRY)」では右腕を務めていた人物。すでに6月には23年プレ・スプリング・コレクションをルックブックで披露し、すっきりとしたシルエットで新たなビジョンを垣間見せていたが、今回のデビューには大きな期待が寄せられた。

 初のショーで、フィリッポがフォーカスしたのは、ボディコンシャスなシルエット。縦のラインが際立つひざ丈〜ロング丈もしくはマイクロミニ丈のノースリーブドレスやスカートを軸に、かなり若々しくセクシーなイメージへの転換を図った。フルレングスのパンツを合わせているルックもあるが、中心となるのは、腰や腿まで入った大胆なスリットや大きく開いた背中と透け感のある素材使いで、肌見せを大いに楽しむスタイル。インナーにはニットのボディースーツや水着のショーツのようなアイテムを合わせ、コンパクトなシルエットのカーディガンはボタンを全て閉めてトップスのように着こなす。一部のドレスは、ノット(結び目)のデザインがアクセントになる。

この続きを読むには…
残り420⽂字, 画像13枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。