ファッション

米通販「ランズエンド」が飼い主とリンクコーデ可能なドッグウエアを発売

 米国のカジュアル通販ブランド「ランズエンド(LANDS' END)」は、飼い主とのリンクコーデが可能な犬用ウエアを発売した。同ブランドのベストセラーアウターである“スクオール”の犬用が4290円〜(税込、以下同)、人用が1万5950円。チェック柄フリースプルオーバーの犬用が2090円〜、人用が4950円など。

 “スクオール”は表地に防水・防風性を持つナイロン素材を、裏地にフリースを用いる(犬・人共通)。また犬用は、背中にシルバーテープを配置。「ランズエンド」は、「光を反射して、夜道での散歩も安心だ」と説明する。

 なお、「ランズエンド」は年内で日本市場から撤退することを発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。