ファッション

「ジーユー」の北米初店舗が10月7日にオープン “おしゃリスタ”がニューヨーク風スタイリングを提案

 ファーストリテイリング傘下でトレンドファッションを低価格帯で提供する「ジーユー(GU)」は、米国初出店となるポップアップストア「ジーユー ソーホー ニューヨーク店」を、現地時間10月7日にオープンする。ブロードウェイに面した好立地の店舗は、1階ワンフロアで売り場面積は約270平方メートル。来年夏までの1年間の出店を予定しており、市場の反応を見て正式に来秋以降の常設店の出店を決定する。「ジーユー」は現在、日本国内では416店舗を展開。海外は中国、香港、台湾で35店舗を持つが、アジア以外への出店は今回が初となる。将来的には、兄弟ブランドである「ユニクロ(UNIQLO)」が世界展開をしている各国への出店を目指すという。

 ニューヨーク店は“TOKYO TO SOHO”がスローガン。売り場面積も限られることから、日本で展開する「ジーユー」各店よりも商品数を半分ほどに絞った。ウィメンズウエアとメンズウエアのみで、キッズ、ベビーは扱わない。同店限定の商品はないが、“キュレーション店舗”としてニューヨーク市場に合った商品を厳選し、店頭では「ジーユー」独自の認定試験に合格した販売員“おしゃリスタ”がニューヨークらしいスタイリングを提案していく予定だ。

 サイズは試験的に日本サイズを導入し、中心価格帯19〜39米ドル(約2717〜5577円)の商品を取りそろえる。ポップアップ期間中のオンラインストアの展開はなく、SNSを通じて現地での認知度の向上を図る。

 米国初出店の狙いを柚木治ジーユー社長は、「今こそ『ジーユー』のグローバル化を加速する時だと思い、出店を決めた。巨大なアメリカ市場で、さらには世界のトレンドの発信地でもあるニューヨークのソーホーで実験し、そこから色々なものを学んでビジネスを成功させたい」と語る。「『ジーユー』の強みは機能性と品質に優れたトレンディーなデザインを低価格で提供すること。ニューヨーク店ではキュレーションをして選りすぐりの商品をそろえることで、お客さまが欲しいものを選びやすい店舗環境を作っている」という。

 トレンドのファッションを明確に伝えてジーユーのブランド価値を高めるため、パフィータッチクロップドタートルネックセーター(29.9米ドル=4275円〜)やインタックワイドパンツ(39.9米ドル=5705円〜)、リサイクルポリエステルを使ったヒートパデットブルゾン(49.9米ドル=7135円〜)などを、イチオシ商品として展開していく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。