ファッション

ユニクロ、2022年秋にポーランド初出店 ワルシャワに長期ポップアップストアをオープン

 ユニクロは2022年秋、ポーランドの首都ワルシャワのショッピングモールにポップアップストアをオープンする。ポップアップを含め、ユニクロがポーランドに出店するのは初めて。これまではユニクロ欧州のECでポーランドからの注文に対応してきたが、「ポップアップストアを通じて、さらにポーランド市場を深く理解し、(常設店出店といった)より長期的な計画につなげていきたい」と守川卓ユニクロ欧州CEOはコメントしている。

 ポップアップストアが出店するショッピングモール「Domy Towarowe Wars Sawa Junior」はワルシャワ中心街にあり、近隣には「ザラ(ZARA)」なども出店する。売り場は1、2階の2フロアで面積は約800平方メートル。ウィメンズ、メンズ、キッズ&ベビー商品を扱う。ポップアップストアの期間は現時点では1年前後の予定。

 ユニクロは欧州では英、仏、独、ベルギー、スウェーデンなど10カ国に出店しており、欧州の店舗数は2月末時点で117。東欧(ロシアを含まない)にはまだ店舗がない。ロシアの全50店舗は、紛争を背景に3月から一時休業しているが、その後の進退についてはまだ発表はない。

 ユニクロを傘下に持つファーストリテイリングは、22年8月期からの積極出店再開を掲げている。コロナ禍以前は中国や東南アジア圏を中心とした積極出店を成長の原動力としてきたが、コロナ期間中は不採算店の見直しなどで出店ペースを落としていた。国内でも、今期は6月に新宿のビックロ店舗を閉めて今秋に新宿フラッグス内や新宿三丁目に新店を出すといった移転を含め、積極策を再開している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。