ビジネス

ユニクロとセオリー、欧州初の複合店を英ロンドンにオープン 22年春開業

 ファーストリテイリンググループのユニクロとセオリーは2022年春、英ロンドンのリージェントストリートに新店舗をオープンする。「ユニクロ(UNIQLO)」と「セオリー(THEORY)」を同店舗内で展開するのは欧州では初。リージェントストリートは、ユニクロが01年に海外初進出として英国に出店した際に、店舗の一つを設けた「われわれファーストリテイリングにとって特別な意味を持つ」(柳井正会長兼社長)場所だ。

 地下1階、地上1、2階の3層の作りで、面積は約1900平方メートル。地上1階の一部で「セオリー」を販売する。店舗が入る建物の上層階3フロアにはユニクロ、セオリーの欧州・英国事業のオフィスが入り、「ユニクロ」のショールームも設置する。リージェントストリートは、「ザラ(ZARA)」や「ホリスター(HOLLISTER)」などのSPAや、ラグジュアリーブランドのショップも出店する商業地。既に「ユニクロ」の大型店があるが、移転し拡大する。英国内の「ユニクロ」店舗数は2月末時点で15。

 出店にあたり、柳井会長は「(英国に初出店した01年からの)20年間でわれわれはグローバルに展開するアパレル企業へと成長した」「(オフィスやショールームも設けることで)重要市場である英国でのプレゼンスを引き続き強化していく」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら