ファッション

ヨシロットンが演出したネオ居酒屋「ファンファン」が東京・中目黒に登場

 グラフィック・デザイナーとして活躍するヨシロットン(YOSHIROTTEN)がアートディレクションを手掛けた酒屋「ファンファン(FUNFAN、楽飯)」が6月、東京・中目黒にオープンした。運営は不動産業や飲食業を営むエニーシーが行う。大人の五感をくすぐる”をテーマにした同店では、アジア各地の屋台や鉄板料理からインスパイアされたメニューを提供する“ネオ居酒屋”だ。内装は、無機質な空間にデジタルサイネージやネオンサインが輝き、近未来的でありながらアジアの活気のある屋台をほうふつとさせ、SNS映えする空間になっている。

 中目黒駅から徒歩約5分、雑居ビルの2階にある「ファンファン」はフラッと立ち寄るタイプの店ではない。クチコミか何かで情報を得て「行ってみよう」という目的がなければ、1階の「楽飯」という看板を見過ごしてしまうだろう。ビルの階段を2階に上がって扉を開けると、カウンターが幾つかあり若いスタッフがキビキビと働いている。メニューを見ると“オススメは全品”。その中の“絶対的逸ぴん”から、“焼売”と“ファンファン餃子”をオーダーし、ナチュールワインとともに味わう。焼売には製麺界のカリスマと言われる「開花楼」の特注皮と国産豚100%を使用するなど、こだわりたっぷり。優しい味わいで、幾つでも食べられるという説明にも納得だ。他にも、“〆るな!おつまみご飯!”や“サラダな一皿”などアジア各地の屋台料理をアレンジしたメニューが並ぶ。スタッフによると、料理にこだわりすぎて、休日も店で仕込みしているという。スタッフのオススメでナチュールワインに合うということで、“頭付きエビケジャン”をいただく。濃厚な味わいで、意外とワインにぴったりだ。そうこうするうちに、次々と客がやってきた。週末の夕方、早い時間帯だったこともあってか、一人で入ってくる男性や若い女性客2人、スタッフの知り合いの男性客などが来店。

 ドリンクは、ナチュールワインやクラフトビールの他に、レモンとバジルが香る“ファンファン レモンサワー”が看板メニュー。他にも、“カルダモンスプモーニ”や“激選紅茶ラテ割り”などオリジナリティーあふれるドリンクをバラエティー豊かに提供する。ハブ酒や高級シャンパン「ルイ・ロデレール(LOUIS ROEDERER)のクリスタルまであるので驚きだ。価格も通常の居酒屋価格と良心的で、都内にいながら近未来のシュールな空間で気軽に食事が楽しめる。緊急事態宣言発令中は、アルコール抜きのモクテルの提供も可能だという。

 東京にいながらアジアの屋台にいる気分になれる「ファンファン」。夏の季節にぴったりのクールな新名所だ。

■FUNFAN
住所:〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-28-11 2階
TEL:090-7218-2021
営業時間:月〜土曜日 15:00~23:30、日曜日 12:00~17:00 ※緊急事態宣言中は営業時間変更の可能性あり
定休日:火曜日

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。