ファッション

ユニクロと「マメ クロゴウチ」がインナーウエアでコラボ 6月18日から全18型を販売

 ユニクロは、黒河内真衣子による「マメ クロゴウチ(MAME KUROGOUCHI)」とインナーウエアや部屋着にフォーカしたコラボレーションコレクション「ユニクロ アンド マメ クロゴウチ(UNIQLO AND MAME KUROGOUCHI)」を企画し、6月18日に発売する。全18品番で、フルラインアップは国内は68店とECで取り扱い予定。一部商品は全店で販売する。発売日は国によって異なるが、グローバル展開も予定しているという。

 テーマは「女性が内側から輝くための、下着と洋服の境界線を超えるインナーウエアコレクション」。「マメ クロゴウチ」が得意とする曲線的なカッティングをネックラインなどに生かし、“エアリズム”や3Dニットをはじめとするユニクロの技術や機能性と融合したデザインとなっている。

 インナーウエアのラインアップは“ワイヤレスブラ”とショーツ、ブラトップ。価格は590〜2990円とユニクロの既存商品と同じ。ブラカップ上辺を深く滑らかな曲線にしたり、ストラップを細くしたり、ゴールドのアジャスターを使用したりすることで、繊細でラグジュアリーなムードを漂わせている。カラーは黒のほか、アイテムによってベージュ&ブラウン系で3色そろえるなど、さまざまなスキンカラーに合うようにした。服の下から見える、あるいは重ね着して見せることを前提にデザインされており、まさに下着と服の境界線をボーダーレスにするコレクションとなっている。

部屋着は3Dニットと洗練されたデザインを融合

 コロナ禍で大きく変化したライフスタイルに合わせ、部屋着やちょっとした外出にも重宝する快適な着心地のウエア類も充実している。とくに3Dニットを活用したパンツ(4990円)、セーター(3990円)、ワンピース(4990円)などは、シンプルでありつつ洗練されたデザインで、ボディーラインを美しく魅せる。他にも”エアリズム“のブラワンピース(2990円)、Tシャツ(1990円)などのカットソー類も充実。いずれも、白、黒、ベージュ、ブラウンの展開で、インナーウエアとカラーコーディネートされている。

 コラボレーションにあたって、黒河内デザイナーは「肌に一番近いところから女性を快適に、そして美しくすることはデザイナーとして一つの課題でした。様々な洋服の選択肢がある現代だからこそ、インナーの充実は私たちの毎日に欠かせない要素です。 朝起きて、まず最初に身につけるインナー。長い時間を近い距離で過ごすからこそ着心地の良いものを。女性が毎日健やかに、のびのびと日々を過ごせるようにと願いを込めて作ったコレクションです」とコメントを寄せている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら