ファッション

これぞ理想のコラボ!ユニクロ×「マメ クロゴウチ」第3弾 細かなアップデートで磨かれたモノ作り

 ユニクロは4月29日に発売する、「マメ クロゴウチ(MAME KUROGOUCHI以下、マメ)」とのコラボレーションライン「ユニクロ アンド マメ クロゴウチ(UNIQLO AND MAME KUROGOUCHI)」の第3弾商品をプレス関係者に公開しました。引き続き、「下着と洋服の境界線を越える」がコンセプト。第1弾、第2弾も好評だった同コラボの、2022年春夏物の注目点を取材しました。

 事前に公開されていた商品の色やデザインのラインアップを見て、「昨年の春夏商品とあまり変わらないな」と感じていた人もいるかもしれません。しかし、同じような商品に見えて、実は素材や仕様などに細かなアップデートを加えているところが第3弾の最大のポイント。第1弾と共通する白、ベージュ、ブラウン、モカといったインナーウエアの色合いは、さまざまなスキンカラーの女性を美しく見せるために考えられたものです。それゆえ色展開を大きく変えることはしていませんが、より肌になじむように、昨年の商品とは微妙に色のトーンを変更しています。

 昨年も人気だった“3Dニット”のシリーズでは、今回はドレスやストレートスカート、フレアパンツ、ノースリーブトップスを企画しています。トップスのVネックの曲線、ドレスやスカートの体のラインに沿うシルエットはいかにも「マメ」らしい表情。これらのニット類は糸にビスコースを混ぜることなどでシャリ感を出し、夏でも肌に張りつくことなく、より快適に着られるようにアップデートしました。

女性のライフスタイルを“内側から”支える

 “3Dニット”に使用したこのシャリ感のある糸は、「ユニクロ」本体でもまだ使用していないものだそうです。通常、外部デザイナーと「ユニクロ」とのコラボでは、既存の素材を転用することが中心。「素材開発から行なっているのが今コラボの特徴であり、それだけ『マメ』デザイナーの黒河内(真衣子)さんが素材に重きを置いて当社と取り組んでいることを表していると思う」と広報担当者も話していました。キャミソールやタンクトップで採用した、シルク混の“エアリズム”素材も「ユニクロ」本体では使用していないもの。今コラボのために開発したそうです。シルクによって、通常の“エアリズム”に比べて肌あたりがソフトな印象。今コラボの反応を見て(そしてコストなどのバランスも勘案し)、もしかしたら今後「ユニクロ」本体の素材ラインアップに加わるのかもしれませんね。

 あらゆる女性のライフスタイルに寄り沿う商品提案も今コラボが目指すものです。その考えを象徴しているのが、新たにラインアップに加わった吸水ショーツ。 “エアリズム”を身生地に使う点やクロッチ部分の3層構造は、「ユニクロ」本体の吸水ショーツのアイデアを生かしています。また、メッシュのトップスはキービジュアルではインナーウエアの上にそのまま着て透け感を楽しんでいますが、例えば“3Dニット”のノースリーブトップスやドレスの下にレイヤードすれば、肌の露出を抑えたい大人の女性にとっても強い味方になりそう。このように、年齢や人種を超え、さまざまな女性がそれぞれの暮らしの中で楽しめる商品ラインアップになっています。

 一般的にコラボというと、一目で分かりやすいデザインに走るケースも多いですが、今コラボはユニクロが掲げる“LifeWear”(あらゆる人の生活を、より豊かにするための服)という考え方と、大量生産だからこそ出せるスケールメリット、そして黒河内さんの美意識が非常にうまく調和していて、「ユニクロに求められるコラボとはこういうものでしょう!」と個人的に強く感じます。ユニクロは定番アイテムとして毎年同じものを売っている印象が強いかもしれませんが、実はECのレビューやカスタマーセンターに集まる客の声をもとにして、定番商品であっても仕様やパターンに細かいアップデートを加えています。今コラボの「分かりやすい変化はあまりないけれど、微細にアップデートされている」というあり方も、まさにそういったユニクロのモノ作りが反映されています。思えば名品と言われる「+J」のシャツ、「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」のTシャツなども、同様に細かくアップデートを繰り返して名品になっていますよね。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。