ファッション

注目の「マメ」コラボはシルクやウール混ヒートテックを開発 22年秋冬ユニクロ展示会から【後編】

 「ユニクロ(UNIQLO)」2022-23年秋冬展示会レポートの後編は、外部クリエイターとの協業ラインについて詳報していきます。なかでも最注目なのが、4シーズン目となる「マメ クロゴウチ(MAME KUROGOUCHI以下、マメ)」との協業ラインです。引き続き、「下着と洋服の境界線を越える」をコンセプトにしており、今季はグリーンやカーキのグラデーションがキーカラー。ユニクロの通常ラインにはない、シルク混やウール混のヒートテック素材を新たに開発しています。

 外部のクリエイターやデザイナーとのコラボコレクションは1〜2シーズンのみで終了というケースもありますが、「マメ」コラボはすっかり定着。「ユニクロ」側の担当者も「なるべく長く続けていきたい」と以前話しており、クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)率いるパリR&Dセンターによる「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」や、ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)との「ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソン(UNIQLO AND JW ANDERSON)」などと同様、期間を限定せず今後も続いていくのでは、といった印象を今季はより強く感じました。

 22-23年秋冬の「マメ」とのコラボでは、独自開発したというシルク混ヒートテック素材で、タンクトップとブラトップの2型を企画。ウール混ヒートテック素材ではクルーネックとタートルネックのトップス、ロングパンツの3型を企画しています。どれも「マメ」らしい繊細な質感やカットが特徴。3Dニットでは、今季はビスチェやハラマキ感覚でも使えるショートパンツなどを作っていました。新アイテムのソックスやタイツも店頭で人気となりそうです。ブラジャーやブラカップ付きキャミソールなどは、有機的なカーブのカッティングはそのままに、前シーズン同様どれも1ミリ単位で調整を加えて、着心地をさらに向上させているそうです。「マメ」とのコラボラインについては、価格をまだ公表していません。

ジョナサン流のウルトラライトダウンが登場

 「ユニクロ ユー」は引き続き、日に焼けてあせたような独特のきれいな色使いがポイント。今までもメンズ商品を女性客が買うケースやその逆は多かったと言いますが、今季は初めて、企画段階から完全にユニセックスで作ったアイテムがあります。それはポケッタブルのロングコート(9990円)とスイングトップの2型。プレミアムラムニットの肉厚カーディガンやクルーネックセーターも目立っていました。バケットハットはブロックテック素材で、実用性とファッション性のどちらも追求するルメールのこだわりを感じました。

 5周年の「ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソン」は、ウルトラライトダウン(7990円)や防風仕様のフリース(5990円)など、「ユニクロ」の強みアイテムをジョナサン流にアレンジした商品が豊富。ウルトラライトダウンは、「ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソン」では初登場だと言います。切り替えにより裾が波打つシルエットのスカートなどは、いかにもジョナサンらしいと感じるデザインです。ジョナサンのイチオシという商品は、トラックジャケットとトラックパンツのリラックス感のあるスタイリングでした。

全店閉鎖の「コトニエ」もユニクロ事業内で運営

 ほか、仏人モデルのイネス・ド・ラ・フレサンジュ(Ines de la Fressange)との協業ラインや、英国出身のデザイナーが手がける「ハナ・タジマ(HANA TAJIMA)」との協業ラインも22-23年秋冬も継続しています。「ハナ・タジマ」ラインは、華やかなドレスをそろえていたのが印象的。ムスリム女性のヒジャブとしても使えるそろいのスカーフも企画しています。

 また、5月8日をもって国内の全単独店舗を閉め、ECも閉鎖したファーストリテイリング傘下の「コントワー・デ・コトニエ(COMPTOIR DES COTONNIERS)」も、今後は国内はユニクロ事業の中で展開するそうです。東京・銀座の「ユニクロ トウキョウ」ではコーナー展開を続けているほか、6月24日からは「ユニクロ」のEC内でも商品が買えるようになります。

今までの「マメ クロゴウチ」コラボコレクションを振り返り
「ユニクロ アンド マメ クロゴウチ」関連記事一覧

第1弾 2021年6月18日発売
ユニクロと「マメ クロゴウチ」がインナーウエアでコラボ 6月18日から全18型を販売

第2弾 2021年11月26日発売
「ユニクロ」×「マメ クロゴウチ」第2弾は11月26日発売 全9型を公開

第3弾 2022年4月29日発売
ユニクロ×「マメ クロゴウチ」第3弾が4月29日に発売 シルク混エアリズムや吸水ショーツに注目
これぞ理想のコラボ!ユニクロ×「マメ クロゴウチ」第3弾 細かなアップデートで磨かれたモノ作り
ユニクロと「マメ」のコラボ第3弾 ヒット請負人MDに聞くこだわりの商品開発

第4弾 2022年11月11日発売
ユニクロ×「マメ クロゴウチ」2022秋冬の新作が11月11日に発売 カーキを加えた全21アイテムを公開
ユニクロ×「マメ クロゴウチ」第4弾はウールやシルク混の“ヒートテック”新素材を開発

第5弾 2023年4月28日発売
ユニクロ×「マメ クロゴウチ」23年春夏物は4月28日発売 シアー素材がポイントの23型
「ユニクロ × マメ クロゴウチ」2023年春夏 宮本茉由がまとう透明感あるスタイル  
 
第6弾 2023年9月1日発売
「ユニクロ×マメ クロゴウチ」が23年秋冬で終了 最終コレクションを9月1日に発売
さよなら「ユニクロ×マメ クロゴウチ」 最終コレクションの見どころはここだ!
「ユニクロ × マメ クロゴウチ」最終章 モデル・ヨガインストラクターの池田莉子がリアルに役立つ肌見せコーデを提案!
9月1日発売「ユニクロ × マメ クロゴウチ」2023年秋冬コレクションをレビュー&アーカイブを振り返り クリエイター・KARENの注目アイテムは?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。