ファッション
特集 繊維商社の「働き方改革」 第3回 / 全9回

有力繊維商社14社の売上高と営業利益 2024年版【特集:繊維商社】

有料会員限定記事

繊維商社は主に3つの系統に分けられる。ルーツによって社風や強みも違うので、セットで覚えよう。(この記事は「WWDJAPAN」2024年7月1日号からの抜粋です)

端数は切り捨て ▲赤字 各社の決算資料などから作成

合繊メーカー系列

合繊メーカー傘下の繊維商社は、もともと世界中に拠点を持つ合繊メーカーの物流機能を担うために誕生した。だが東レを除き、大手合繊メーカーは2000年代後半から本体の繊維事業を子会社の繊維商社に統合し、繊維商社自体が開発機能も有している。

帝人フロンティア

TEIJIN FRONTIER / since 1869

売上高 2004億円

経常利益 50億円

2024年3月期

PETリサイクルで世界最先端
繊維センシングも強化

商社でありながら、タイや中国、日本に糸やテキスタイルの強力な開発・生産拠点を構える、ハイブリッド型繊維商社。繊維to繊維実現のため新しいポリエステルのケミカルリサイクル技術の開発や使用済み衣料品の循環型リサイクルの仕組みづくりに取組む。

東洋紡せんい

TOYOBO TEXTILE / since 2008

売上高 280億円

営業利益 4.1億円

2024年3月期

渋沢栄一創業の名門企業
「マナード」は永遠の名品

東洋紡は、新紙幣にも登場する渋沢栄一創業の名門企業。日本発の技術で、天然繊維と合繊をミックスして生まれた「マナード(Manerd)」、超長綿使いの「マスターシード(Masterseed)」は、開発から数十年たっても色あせない伝説の名品

この続きを読むには…
残り2606⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。