ファッション
特集 繊維商社の「働き方改革」 第2回 / 全9回

繊維商社を読み解く3つのトピックス

有料会員限定記事

繊維商社を読み解く3つのトピックス

レアメタルなどの資源からコンビニまで、幅広い商材や事業を展開する総合商社に対して、繊維商社は繊維・ファッションに特化してきた。綿花や合繊素材といった川上から、テキスタイル、ブランドビジネスまで繊維・ファッションを軸に、日本のファッション産業と深く結びついている。来年で20年目を迎えるオーガニックコットン素材「オーガビッツ(ORGABITS)」を展開する豊島を筆頭に、サステナビリティにもいち早く取り組んできた。繊維商社の知っておくべきキーワードやトピックスを一挙に紹介する。(この記事は「WWDJAPAN」2024年7月1日号からの抜粋です)

住友商事子会社を買収した蝶理が
オシャレにバージョンアップ

蝶理のアパレルOEMを手掛けるアパレル部が好調だ。同社は2020年に買収した住友商事子会社のスミテックスインターナショナル(買収後に社名変更し、現STX)との連携や、素材開発の強みなどを生かした商品開発が奏功している。このほど東京で2025年春夏シーズン向けの展示会を実施した。アパレル部の前川達哉部長は「展示会では、ディレクターにセレクトショップ経験者を起用して、より提案力を高めた」という。

この続きを読むには…
残り1072⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。