ファッション

ユニクロ、22年秋冬は定番ダウンやフリースを1000円値上げ

 ユニクロは2022-23年秋冬、定番のウルトラライトダウンやフリースで1000円の値上げを行う。ウルトラライトダウンは5990円から6990円に、毛足の長いフリース“ファーリーフリース”のジャケットは1990円から2990円に変更する。また、“ヒートテック極暖”は1500円から1990円に、“ヒートテック超極暖”は1990円から2990円に変更。ウィメンズのカシミヤ100%のクルーネックセーターは8990円から9990円に値上げする。

 原料高や物流費高騰などを受けたもの。「(値上げをするかどうかや値上げ幅は)商品によって異なり、一律で何%上げるというものはない」と広報担当者。ヒートテックの通常商品は値上げしない。値上げ商品についてはそれぞれ機能性などを高め、値上げしても客に納得してもらえるよう、付加価値を向上させている。例えばファーリーフリースは、従来はペットボトル由来の再生ポリエステル素材を30%使用していたが、今季から100%に切り替え。ヒートテックは消臭機能などを向上させ、カシミヤセーターはウィメンズにのみ初めてホールガーメントの“3Dニット”を導入し、着心地の良さを追求した。

 ファーストリテイリング柳井正会長兼社長は4月に行われた決算会見で、「原材料価格が2倍や3倍になっているケースもある中で、それを今のままのプライスで売ることは不可能だ。上場企業として、成長を目指していく中で利益がなければできない。それをどううまく努力していくか。ビジネスは会計年度やシーズンで考えるものではなく、もっと長期で考えるもの。22-23年秋冬物や23年春夏物は考えに考えぬいたプライスになる」とコメントしていた。


【WWDJAPAN Educations】
オンラインセミナーのご案内

アパレル値上げどうする?どうなる?対策セミナーを緊急開催

緊急開催!アパレル値上げ対策セミナー
講義日時:2022年6月17日(金)13:30~15:00

  「WWDJAPAN」は5月16日号で「アパレル値上げ、どうする?どうなる」をテーマにした特集を行いました。同特集に関連して、6月17日にディマンドワークス代表の齊藤孝浩氏を講師に迎えた「アパレル値上げ対策セミナー」をオンラインで実施します。

 秋冬以降に向けて店頭の製品価格をどう調整するか?単に販売価格に転嫁するだけでなく、コスト上昇の影響を最小限に抑え、お客様にも喜んで頂きながら、利益を確保するためにはどうすべきなのか?そのための考え方や戦略、方策は何か?

 今回のコスト上昇は、これまでのオペレーションを見直す良いチャンスです。価格戦略の基本に立ち返りながら、既存ビジネスのブラッシュアップや在庫の適正化にもつながる事例もご紹介し、みなさんとご一緒に考えます。


※お申し込み、お支払いはPeatixでのお手続きとなります
※お申し込みは6月16日(木)12時で締め切りとなります

最新号紹介