ファッション

時計「タグ・ホイヤー」が旗艦店を表参道ヒルズに移転リニューアル 日本限定モデルの先行発売も

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下のスイスの時計ブランド「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」は6月25日、旗艦店のエスパス タグ・ホイヤー 表参道を表参道ヒルズに移転リニューアルオープンする。

 “タグ・ホイヤー カレラ”や“モナコ”“アクアレーサー”など「タグ・ホイヤー」のアイコンモデルを中心に幅広く商品をそろえる中、リニューアルオープンを記念して6月25日に同店先行で日本限定モデルの“タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02Tトゥールビヨン クロノグラフ ジャパンリミテッドエディション”を発売する。黒を基調に日本らしい赤をアクセント使いするトゥールビヨン(複雑機構)搭載モデルで、ケースバックには限定数の50を表すシリアルナンバーを刻印する。

 また同店では初めて、ストアデザインに畳や木目など“和”の要素を取り入れる。一方で、ブランドのDNAであるモータースポーツを彷彿とさせる曲線的なショーケースを配置し、壁面にはアーティストDWS JAPANとコラボした車をモチーフとした彫刻作品を飾る。彫刻作品には、日本の伝統的技法“墨流し”をアレンジしたDWS JAPAN独自の“色流し(しきながし)”を用いる。

 「タグ・ホイヤー」は6月25日から公式LINEでプロモーションを実施。“友だち”に配布されるクーポンを店頭で見せるとオリジナルグッズがもらえる。

■エスパス タグ・ホイヤー 表参道
オープン日:6月25日
時間:月〜土曜日 11:00〜21:00 / 日曜日 11:00〜20:00
場所:表参道ヒルズ
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 本館1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら