ファッション

ユニクロが“ワイヤレスブラ”をアップデート バストも気分も「アガる」商品開発の裏側

 「ユニクロ(UNIQLO)」は、新商品“ワイヤレスブラ シェイプリフト(以下、シェイプリフト)”を2月8日より全国のユニクロ店舗で販売する。“シェイプリフト”は 、ユニクロ史上最高のリフトアップをかなえる、これまでになかった「アガる、ワイヤレス」がコンセプトだ。樹脂パーツを使用した独自の構造(特許出願中)で、バストを立体的に形づくりリフトアップさせる。

 2月4日に催されたプレスを招いての発表会で、炬口佳乃子グローバル商品部門ウィメンズバリュークリエイション&プランニング部門ウィメンズルーム・グッズチーム部長は、「胸がアガって、気分もアガって、ボジティブな気持ちになれるブラ」と“シェイプリフト”を紹介した。

 同社が20〜40代の女性243名を対象としたアンケートによると、「あなたが普段着用しているインナーを教えてください」との問いに対し、ワイヤレスブラを普段着用している人が、2015年12月は39.8%だったのに対し、20年12月は50.8%まで上昇。また、コロナ禍での消費者ニーズの変化についてのアンケートで「カジュアル衣料購入時、1年前より重視されていること」は、「着ていてラク」が41.1%、「動きやすさ」が33.9%、「精神的にリラックスできる」33.5%という結果に。快適性を求める傾向がさらに高まっており、これらの条件を満たすユニクロのワイヤレスブラはコロナ禍の需要に応える商品であることを裏付けた。その一方で、お客様からは「補整力がほしい」「胸をきれいに見せて、高さも出したい」「レースデザインがあれば…」などバストメイク力やデザイン性を求める声があり、その一歩踏み込んだワイヤレスブラへの要望に応える商品として、“シェイプリフト”は開発された。

世界18ヵ国、約120名によるグローバルフィッティングを実施

 このリフトアップ構造を実現させたのが、カップの左右をつなぐように配された樹脂パーツ。プラスチックとゴムの中間くらいの硬さで、クロスさせることで、最も重さがかかるバストの下部分を支える。そのクロスした部分とカップを囲うようなフレームがリフトアップの秘密だが、カップ下中央には樹脂パーツを入れないことで、ワイヤレスブラならではの圧迫感のない快適な着け心地を実現している。試作品が完成した後は、世界18ヵ国、約120名によるグローバルフィッティングを実施し、あらゆる国のモニターの意見を収集してさらにブラッシュアップした。

 “シェイプリフト”は、1月18日にオンラインストア、1月25日に一部の「ユニクロ」店舗で先行販売しており、お客様のコメントには「同僚から、胸がキュンって上がっているけどブラ変えた?と言われた」「きれいな谷間ができる」「とてもユニクロとは思えないブラ」などの感想が寄せられており、滑り出しは上々のようだ。

川原好恵:ビブレで販売促進、広報、店舗開発などを経て現在フリーランスのエディター・ライター。ランジェリー分野では、海外のランジェリー市場について15年以上定期的に取材を行っており、最新情報をファッション誌や専門誌などに寄稿。ビューティ&ヘルス分野ではアロマテラピーなどの自然療法やネイルファッションに関する実用書をライターとして数多く担当。日本メディカルハーブ協会認定メディカルハーブコーディネーター、日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー。文化服装学院ファッションマーチャンダイジング科出身

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら