ニュース

「ユニクロ」がトーマス・マイヤーとコラボ発表 クラフツマンシップを重視した初のリゾートコレクション

 「ユニクロ(UNIQLO)」は「トーマス・マイヤー(TOMAS MAIER)」とコラボレーションした「ユニクロ」初の本格的リゾートウエア・コレクションを発売する。ケリング・グループ傘下で「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のクリエイティブ・ディレクターを2001年から手掛けるトーマス・マイヤーのシグネチャーブランドで、1997年にスタートしたブランドだ。「『タイム・オフ~心の解放、時間からの解放』という『トーマス・マイヤー』のフィロソフィーに、上質な素材へのこだわり、優れた技術・機能性などさまざまな『ユニクロ』のノウハウを融合。日常をより豊かにする“LifeWear”を届けたい」としている。

 ドイツ生まれのトーマス・マイヤーは、「ソニア リキエル(SONIA RYKIEL )」や「エルメス(HERMES)」などで経験を積み、クラフツマンシップやクオリティー、オリジナリティーをとても重要視するデザイナーとして知られている。今回のコラボに際し、「『トーマス・マイヤー』のブランドコンセプトは“解放”だ。人生はただでさえ複雑なもの。シンプルで気兼ねなく着られる服。それこそが複雑なライフスタイルを持つ現代社会において必要だと考えている。本コレクションでは、そのコンセプトを、『ユニクロ』の素晴らしいメンバーと共に、彼らが持つテクノロジーやノウハウを活用し表現することができた。『ユニクロ』とのコラボレーションを通じ、日々の喧騒を忘れ心身ともにリラックスできるデイリーウエアを、より多くの人々に楽しんでいただきたい」とコメント。

 勝田幸宏ファーストリテイリング・グループ執行役員兼ユニクロR&D統括責任者は「われわれの“LifeWear”は“着る人の価値観から作られる服、服に個性があるのではなく、着る人に個性がある”という考えに基づいている。一つ一つが大切に長く愛される服でなければならないという思いで服作りに挑戦している。長年にわたりシンプルなデザインに時代の空気感を取り入れ続けるトーマス・マイヤー氏の服作りは、まさに『ユニクロのフィロソフィーと共鳴する。カジュアルでシンプルながらも、上質な素材で着心地の良い服を提供し、人々の生活を豊かにするのが共通のビジョンだ。私たちは『ユニクロ』初となるリゾートウエア・コレクションとして、心を解き放ち、生活に斬る楽しみとリラックスする喜びを与える新しい“LifeWear”を提案する」と意気込む。

 名称は“トーマス マイヤー アンド ユニクロ(TOMAS MAIER AND UNIQLO)”で、発売は2018年初夏。世界中のユニクロとオンラインストアで販売する。