ファッション

“完璧”なインスタグラムへの違和感 いま求められる“リアル”の定義

 お笑いタレントの渡辺直美が、「インスタ映え」をもじった「#インスタ萎え」というハッシュタグとともに「好きな人に絶対見られたくない写真ナンバー1、2」と称する写真をインスタグラム(INSTAGRAM)に投稿し、新年早々反響を呼んだ。渡辺直美はフォロワー数750万を誇るインスタ女王だが、「エス カワイイ(S Cawaii!)」の1月号のインタビューでも「インスタ映え」にモノ申しており、「みんなインスタ映え、インスタ映えって言うけどわたしははそういうの好きじゃない。もう、インスタ蝿に変えちゃわない!? ウルサイッ!みたいな意味で(笑)」と語り、そのわけを「わたしが旅行をしたりディズニーランドに行くのはインスタのためじゃない。楽しいことがしたいから!思い出を切りとったのがインスタだと思うんです。だから写真の中の自分が本当に楽しんでないと意味がない!」と説明している。

 「インスタ映え」や不自然に“完璧”なフィードに疑問を感じているのは渡辺直美だけではないようだ。インスタグラムのファッション・パートナーシップス部門を率いるエヴァ・チェン(Eva Chen)は、「ここ1年ほど、多くのトップアカウントやインフルエンサーを見てきて思うのは、最近は、美しく完璧な写真でも以前ほどパフォーマンスがよくないということ。ユーザーは昔も今も意識が高い画像が好き。でも、そのユーザーはその背景やそのもととなるようなストーリーを聞きたがっている。完璧は退屈。ジェーン・バーキン(Jane Birkin)やケイト・モス(Kate Moss)がスタイルアイコンであるのと理由は同じよ」と語る。

 今のユーザーの需要を汲み取り、SNSに投稿するイメージでストーリーを伝えるのがうまいアカウントとしてエヴァが例に挙げるのは、「アレキサンダー マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」のようなブランドから「ヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA'S SECRET)」のモデルで脊柱側弯症を抱えるマーサ・ハント(Martha Hunt)、美容スタートアップ、グロシエ(GLOSSIER)の創業者で、女性のダイバーシティーをサポートする「#bodyhero」キャンペーンを立ち上げたエミリー・ワイス(Emily Weiss)までさまざまだ。中でも、「タサキ(TASAKI)」のクリエィティブ・ディレクターに就任したプラバル・グルン(Prabal Gurung)を高く評価し、「彼は『プラバル グルン』のランウエイを歩いたほぼ全てのモデルにスポットライトを当てていた」と説明。プラバル・グルンはコレクション発表時に、ランウエイに登場したモデルをなぜ起用したのか、モデルがどんなインスピレーションを与えてくれるのかをSNSの投稿でそれぞれ説明していたという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら