ファッション
特集 「WWDJAPAN」DXアワード 第6回 / 全7回

異色づくしの「日本発多国籍企業」、リングブルが変えるグローバルEC

有料会員限定記事

PROFILE: 原田真帆人/リングブルCEO

原田真帆人/リングブルCEO
PROFILE: (はらだ・まほと)1981年7月18日生まれ、三重県出身。ミネソタ大学卒業後、商社に入社。オランダ、香港、深セン駐在を経て退職後に帰国。2009年にリングブルの前身となる、デニム販売「デニミオ(DENIMIO)」を手掛けるプロスペクトフィールドを設立。その後、フルブライト奨学金を得て、スイスのビジネススクールIMD(国際経営開発研究所)でMBA(経営学修士)を取得。帰国後クックパッド(COOKPAD)へ入社し、ヘルスケア事業部を立ち上げた後に、16年グローバルECプラットフォームのリングブルをスタート。パリ在住 PHOTO : HIRONORI SAKUNAGA

グローバルEC支援サービスを展開し、「WWDJAPAN」DXアワードのイノベーション賞を受賞したリングブル(LINGBLE)は、あらゆる意味で異色の存在だ。日本人の原田真帆人CEOが創業、日本で活動し、日本企業のクライアントも多いが、本社所在地はシンガポール。しかし、それも単なる登記した場所であって、真のオフィスはオンラインプラットフォームのベースキャンプにある。なぜなら97人の社員は30カ国・地域に散らばっているからだ(そしてその多くは現地採用)。160もの決済手段に対応し、支援する企業の製品の出荷先は120カ国・地域に広がる。これは、メガファストファッションブランド「シーイン(SHEIN)」にも匹敵する。「こんな言い方は大変な時代錯誤かもしれないが、世界から見れば日本はまさに『ジパング』。ファッション、文化、伝統、観光までこんなにも魅力と資産に溢れた地域はない。なのにビジネスは、いまだにグローバル化ができていない。『リングブル』は、そうした日本企業を世界市場に案内する道先案内人なんです」と静かに闘志を燃やす。(この記事は「WWDJAPAN」2023年11月20日号からの抜粋です)

イノベーション賞

ファッション&ビューティ産業の
革新に寄与した企業・サービス

リングブル

受賞者

リングブル

サービス名

グローバルEC支援サービス
「リングブル/グローバルガイド」

説明

グローバルECに関連したテクノロジー、
流通およびマーケティングやブランディングなどの
トータルソリューションを提供するプラットフォーム

評価ポイント

日本では珍しく海外市場を明確にターゲットにする視座の高さ
社員自体も多国籍なグローバル経営
世界市場で売るための経営体制と実践的な仕組み

審査員のコメント

明確な視座を持ち、グローバル市場を目指すという点が最近の日本企業では珍しく、素晴らしい。世界に社員がいて、実際に効果を出す仕組みや経営体制を構築している部分も高く評価したい。

グローバルECの完成度は、
あの「シーイン」にも匹敵

この続きを読むには…
残り1020⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。