ビューティ
連載 ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望 第129回

サロンオーナー兼学生という生活の中 改めて“トータル美の原点”に触れる

有料会員限定記事

【連載】ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望

ビューティ賢者が
最新の業界ニュースを斬る

ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。
今週は、トータルビューティの原点を読み解く話。

槇野光昭/オニカム代表 プロフィール

(まきの・みつあき)1973年、東京都生まれ。大学卒業後、パソコン周辺機器メーカーで営業に従事。退職後の97年「価格.com」の前身となるサイトを開設。2001年、28歳という若さで会社を売却。その後、14年にヘアサロン「アルバム(ALBUM)」を開業。都心を中心に「アルバム」「アイティー バイ アルバム(IT by ALBUM)」「DXシェアサロン」などを展開する

【賢者が選んだ注目ニュース】

今回はあえて、当社のヘアサロン「アルバム」が登場する記事を選ばせてもらった。“ケラスターゼ インスティチュートサロン”として運営している「アルバム 銀座店」の同ビル8階部分を、新フロアとして増床オープンし、「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」のブースを設置した。日本で初の試みとなる「シュウ ウエムラ」の世界観を忠実に発信するステージサロンとして展開。ブランドの世界観を表現したテスターバーには、アイシャドウやファンデーションなど「シュウ ウエムラ」の商品を豊富にそろえ、施術前後の時間で自由にタッチアップができる。商品の購入も可能で、シーズンごとにプロモーションを実施中だ。

当社の“看板”的な店舗である銀座店でこうした取り組みを行うことは、正直、かわいい娘を嫁に出すようなものだ。相手を知らなければできないことなので、現在の「シュウ ウエムラ」についてはもちろん、ブランドの原点についても詳しく勉強した。創業者である植村秀先生は、メイクアップアーティストとしてハリウッドで活躍した後、日本でメイクアップ技術を伝える活動をスタート。「シュウ ウエムラ化粧品」を立ち上げ、世界的なブランドへと成長させた。

この続きを読むには…
残り1427⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。