ビューティ

ビューティ業界の M&A動向 23年はトーンダウン、 年末から活発化の予想

有料会員限定記事

今夏は、E.L.F.ビューティ(E.L.F. BEAUTY)によるスキンケアブランド「ナチュリウム(NATURIUM)」の予期せぬ買収を除き、ビューティ関連の大きなM&Aや投資は見られなかった。秋に向けて準備を進めている企業もあるが、それでも例年の9月のような慌ただしさは見られない。投資銀行のリンカーン・インターナショナル(LINCOLN INTERNATIONAL)でビューティ&パーソナルケア部門の責任者を務めるアシュリー・バーカー(Ashleigh Barker)によると、「9月4日のレイバーデー(労働者の日)が近づくと、あらゆる取引で市場が活性化するのがこれまでのケースだったが、今年はむしろ年末から年明けにかけて忙しくなるだろう」と説明する。多くの企業が現在の情勢下で事業撤退や増資を控えており、ビューティ関連の取引は来年さらに加速すると予想されている。(この記事は「WWDJAPAN」9月18日号の抜粋に加筆しています)

2023年は、1月にプロクター・アンド・ギャンブル(PROCTER & GAMBLE)が黒人特有の縮毛や肌悩みに向けたヘアケア・スキンケアブランド「ミエル オーガニクス(MIELLE ORGANICS)」を買収し、ビューティ業界のM&Aは多くの注目を集めて幕を開けた。また同月、ロレアル(L'OREAL)はベンチャーキャピタルファンドのBOLDを通じて韓国の消せるタトゥーメーカーのプリンカーコリア(PRINKER KOREA)の少数株式を取得。フランスのメタバース開発企業デジタルビレッジ(DIGITAL VILLAGE)の資金調達ラウンドにも参加した。

この続きを読むには…
残り3233⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。