ビジネス

ファストリ&しまむらが過去最高、一方コロナの傷深い企業も【22年度決算まとめ・専門店編】

有料会員限定記事

ファッション企業の2022年度の決算が出そろった。20年以降、新型コロナウイルスの感染拡大という未曽有の逆風に耐えながら、各社は改革を重ねてきた。コロナ前を上回る過去最高業績を達成した企業がある一方で、コロナの傷が深くて回復が遅い企業もある。取り扱うカテゴリー、主戦場とするマーケット、消費者の変化への対応、どこで明暗が分かれたのか。主要な専門店系企業とアパレル系企業のコロナ前から現在まで振り返ってみた。(この記事は「WWDJAPAN」2023年7月10日号からの抜粋です)

ユニクロは欧米で軌道に乗る

2022年度はV字回復した企業が多いが、最も力強い復活劇となったのが「ユニクロ(UNIQLO)」「ジーユー(GU)」を展開するファーストリテイリングである。22年8月期(国際会計基準)は、売上高に相当する売上収益が前期比7.9%増の2兆3011億円(うち海外ユニクロが同20.3%増の1兆1187億円、国内ユニクロが同3.8%減の8102億円)、営業利益が同19.4%増の2973億円(うち海外ユニクロが同42.4%増の1583億円、国内ユニクロが同0.6%増の1240億円)となった。

ファーストリテイリング

この続きを読むには…
残り1856⽂字, 画像9枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。