ビジネス

オンワード、ワールド、TSIの収益は改善 ワコールは体制刷新【22年度決算まとめ・アパレル編】

有料会員限定記事

ファッション企業の2022年度の決算が出そろった。20年以降、新型コロナウイルスの感染拡大という未曽有の逆風に耐えながら、各社は改革を重ねてきた。コロナ前を上回る過去最高業績を達成した企業がある一方で、コロナの傷が深くて回復が遅い企業もある。取り扱うカテゴリー、主戦場とするマーケット、消費者の変化への対応、どこで明暗が分かれたのか。主要な専門店系企業とアパレル系企業のコロナ前から現在まで振り返ってみた。(この記事は「WWDJAPAN」2023年7月10日号からの抜粋です)

アパレル系企業は専門店系企業以上にコロナの打撃が大きく、20年度には大幅な赤字を計上する企業が相次いだ。大規模なリストラを経て改善には向かっているものの、回復のペースは緩やかだ。

オンワードホールディングス

この続きを読むには…
残り905⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。