ビューティ

売上高1000億円を突破した資生堂「ナーズ」 キーマンに聞く絶好調の理由

有料会員限定記事

PROFILE: (左)桑村真波/NARSコンプレックス/スキンケア新商品企画開発部ヴァイスプレジデント (右)山中美樹/資生堂ジャパン ナーズ ブランドマネージャー

(左)桑村真波/NARSコンプレックス/スキンケア新商品企画開発部ヴァイスプレジデント<br />
(右)山中美樹/資生堂ジャパン ナーズ ブランドマネージャー
PROFILE: PROFILE:(くわむら・まなみ)2007年にNARS Cosmeticsに入社。「ナーズ」のコンプレックス/スキンケア新商品企画開発部ヴァイスプレジデントとして、市場トレンドなどを視野に入れたた処方戦略の開発を統括し、コンプレクションとスキンケアのカテゴリーを2ケタ成長へと導く。フランソワ・ナーズのフィロソフィーを体現し、ブランドのイメージを高める、アイコニックかつハイクオリティーな商品づくりを実現する (やまなか・みき)大学卒業後、2008年に資生堂に入社。東日本デパート営業本部に配属され、首都圏エリアを担当。12年から「クレ・ド・ポー ボーテ」のマーケティングを担当。産休・育休を経て、16年から「ナーズ」の国内マーケティングを担当。2回目の産休・育休後に再び復帰し、19年から「ローラ メルシエ」の国内マーケティング、アシスタントブランドマネージャーとして活動する。22年7月に「ナーズ」のアシスタントブランドマネージャーに就任。23年1月から現職 PHOTO:TAMEKI OSHIRO 

資生堂のブランドポートフォリオの中で、全ての地域でグローバル最重点育成ブランドとして定められている「ナーズ(NARS)」の躍進が止まらない。2021年から3期連続で2ケタ成長を達成し、23年度は「シセイドウ(SHISEIDO)」「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BAAUTE)」に次ぐ、売上高1000億円を突破した3つ目のブランドとなった。

継続して好調を支えるのは、“リフ粉”の愛称で親しまれている“ライトリフレクティングセッティングパウダー”を筆頭に、話題性を兼ね備えた商品力の高いラインアップと、創業当時からブレない“哲学”にある。そこで、「ナーズ」の国内市場を管轄する資生堂ジャパンの山中美樹ナーズ ジャパン ブランドマネージャーと、創設者でありクリエイティブディレクターのフランソワ・ナーズ(Francois Nars)のもとで商品開発を手がける桑村真波 NARSコンプレックス/スキンケア新商品企画開発部ヴァイスプレジデントに、ブランド誕生30周年を迎える「ナーズ」の好調理由とモノ作りの考え方を聞いた。

WWD:グローバル全体で好調であるが、日本事業の商況は。

山中美樹ナーズ ジャパン ブランドマネージャー(以下、山中):国内も好調に推移する。23年度は、パウダーカテゴリーの売り上げが前年の1.5倍と成長し、全体をけん引した。ブランドを象徴する“ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N”が根強い支持を集めているほか、昨年数量限定で発売したマーブルタイプの限定カラー“ライトリフレクティング プリズマティックパウダー”もヒットした。

WWD:フェイスパウダーはコロナ禍でニーズが高まったが、今もなおパウダー類の需要が継続しているのはなぜか。

山中:マスク着用時はムレやメイク崩れの対策として支持されていた。脱マスクになってからは人に顔を見られるようになり、テカリなど別の悩みが生まれ、マスク時代が過ぎてからも需要が続いていると捉えている。昨年新たに仲間入りした、透明感を兼ね備えたマットな仕上がりが続く“ソフトマット アドバンスト パーフェクティングパウダー”の登場も、パウダーカテゴリーの成長を後押しした。艶肌を演出する既存の“ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N”とともに、艶とマットの双方でそろえたことが奏功した。

WWD:パウダー以外のカテゴリーも話題を集める商品が多い。

山中:マスクが外れたことも追い風となり、チークは前年比120%増、リップは同35%増とカラーメイクも好調に推移した。中でも、リップとリキッドチークをラインアップした“アフターグロー”コレクションは、これまでのモードな印象が強いビジュアルとは一味違う、スイートなテイストのビジュアルを打ち出したところ、新規客獲得に寄与。同コレクションのリップは、リップクリーム感覚でさまざまな色を楽しめるという声があり、特にZ世代の心をつかんだ。

WWD:1~3月の商況も同20%増と継続して好調だ。

山中:“アフターグロー”コレクションが多くの媒体でベスコスを受賞したことも好調の一因となった。さらに、同コレクションに新色を追加したことも貢献し、リップは前年同期比50%増、チークは同250%増で着地した。同コレクションをエントリーアイテムに、フェイスパウダーやファンデーションの購入へと広がっている。パウダーカテゴリーも引き続き好調で、同24%と伸張した。

この続きを読むには…
残り2484⽂字, 画像15枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。